2種類の損切りについての考え方

どうもノッティーです!

気づけば6月も今週で終わりですねぇ。

そりゃもう暑いわ・・・ってことで、僕の部屋もエアコンが頑張って働いています。

これまでに何度も書いていますが、夏、嫌いなんですよねぇ。

暑いし、虫出るし、相場も動きにくくなるし(特に8月)。

まぁ毎年のことなんですけど、既に秋が待ち遠しいです。


さて、相場の方は全体的にゆっくりとしたスタートですね。

ポン円は先週木曜日のBOEで大きく上げてからは、

ちょいと流れが変わったようで、結構上げてきています。

ただし、まだ日足レベルの流れとしては下なので、

今週はもしかすると「売りと買いの激しい攻防でグチャグチャするかもしれんなぁ・・・」

と思っています。ただでさえレンジ気味でしたからね、最近は。

そんなわけで注意しながら月末のトレードをやっていくつもりです。


2種類の損切りについての考え方



僕にとって損切りは大きく2つ分けることが出来ます。

1つはエントリー直後に入れる逆指値注文の損切り。

これは、とあるレートまで進んだら「負け」を認めるためのものですね。

エントリーしてから、いつ逆行するのか分かりませんし、

いきなり損切りレートまで逆行してきたらアタフタしてしまいますので、

僕はエントリー後に絶対に損切りの逆指値を入れますし、

そうすることをオススメしています。

この損切りは、自分の資金を守るための保険的な意味合いですね。



そしてもう一つが、

「逆指値の損切りにはまだ届かないけど、もうダメだなぁ」

と思ったところで決済する損切りです。


エントリーしたはいいけど、動きが悪くて含み損の状態が続いた時にやるのが

この損切りです。

まぁある意味時間決済でもありますね。


これは、最初に予定していた損切りよりも早く損切るために、

浅い傷で終われるのですが、どうしても「もしかするここれから伸びるんじゃ・・・

という期待もあって、最初はなかなか切るのが難しいです。

しかも損切った後に本当に伸びることもあって、メンタル的に厳しいこともあります。


ただ、僕としてはこの損切りも凄く重要だと考えています。

なぜなら、少なくとも思い通りに行っていないポジションを持っていても

仕方がないからです。


エントリーしたら、すぐに含み益が出ていて、

そのまま雪道を転がるように利益が膨らんでいく・・・


っていう経験は誰もがあると思いますが、これこそが一番の理想です。


でもそうはならずに、含み益にもらなず、中途半端な含み損のところで

ウロウロしているポジションは少なくともいい状況ではありません。

それが長く続く状況なら、早く見切りをつけて決済してやった方が良い、

と僕は考えています。

もちろん、その後にエントリー方向に動くこともありますが、

その時は「仕方がない」とあきらめるか、改めてエントリーすればいいだけの話。


少なくとも長いこと含み損が出ている現状では

先も読みにくいですし、イライラとしてしまいがちですからね。


まぁ具体的にどれくらい中途半端な状況が続いたら損切るか・・・

というのはその時の相場だったり、自分自身の考えや手法によって違ってくるので

何とも言えないので難しいのですが、

少なくとも、長らく含み損が出ているポジションについて、

「もうダメだなぁ」と思った時には切った方が良いと思います。

そう思っても損切らないと、今度はなぜかクソポジに対して妙な

期待をすることになってしまいますので・・・。


まぁこんな感じで僕は2種類の損切りを採用してトレードしています。

損を確定させるのに良い気分はしませんが、これが上手に出来るようになると、

小さい値幅で負けられるので、トータルの成績は伸びます。

上手い勝ち方と同じくらいに上手い負け方ってのは大事なんですね。


更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


僕のチャートに対する考え方

どうもノッティーです!

今日は朝から近畿地方で大きな地震がありましたね。

最近は本当に色々なところで地震が発生して、

震度「5以上」の数字をよく目にすることが多くなっています。

ホントね、何の前触れもなくやってくる地震は怖いですよ。

南海トラフ地震が近いうちに発生するといわれていますけど、

そんなモノが来たら本当に日本がヤバイっす。

防災グッズを充実させないと・・・。


さて相場の方ですが、先週は色々とイベントがあった中で、

一番大きく相場を動かしたのがECBでした。

おかげでユロドルもポンドルも大きく下落して5月の安値付近まで来ています。

でも、我らがポン円はというと、先々週から146円~148円の間を

上下に行き来するレンジになっています。

面白くない展開です。

今週はそれまでの展開を考えるとドルストレートの方が

よく動きそうな感じですね。

まぁ良くチャートを見てトレードする通貨ペアを決めたいところです。


僕のチャートに対する考え方



定期的に「チャート」について質問を受けます。

チャートの「見方」というよりは、

「どの通貨ペア、どの時間軸のチャートを見てるんですか?」

といった質問ですね。今回はそれについてまとめたいと思います。


監視している通貨ペア



僕がトレード時間中に監視しているのはポンド円とユーロドルのみです。

それ以外の通貨ペアは集中力の妨げになったり、判断を鈍らせるので

チャートを表示させないようにしています。


よく、「色々な通貨ペアを表示させると良い」みたいなアドバイスを見かけますが、

それはもうちょっと大きなタイムスパンのトレード向きのやり方だと思っています。

1分足スキャルのように素早い判断が求められる場合は、

必要な情報だけが目に入るようにした方が効率が良いと僕は考えています。


でも、トレード以外の時間帯、例えばこのブログを書いている時なんかは

モニターの一つに8つの通貨ペアの日足チャートを並べて表示させています。

こうすることで為替相場全体の流れ、方向、勢い、どの通貨が強いか、

なんかが一目で分かるので便利です。


トレード中に監視している時間軸



上でも書きましたが、僕はトレード中はポンド円とユーロドルのみを監視しています。

見ている時間軸は5分足と1分足のみ。


以前からよく「1時間足は見ないんですか?」、「15分足は?」

などといった質問を受けますが、時間軸は2つで十分だと思っています。

理由はやっぱり「多すぎる情報量に惑わされたくないから」

情報が多いほど勝てるのであれば、そりゃ多くの時間軸を使うべきです。


でも、実際は情報が多ければ多いほど惑わされるばかり・・・。

監視する時間軸が多くなるほど時間軸間の矛盾が増えますし、

全時間軸全てで上昇トレンドであったとしても必ずしも勝てるわけじゃない。


そういったことについて色々考えて、相場に翻弄されて苦い思いをした結果、

5分足と1分足だけで十分なんじゃねぇの?」という結論に至ったわけです。

ダメなら損切れば良いだけですし。


5分足と1分足のどちらを重要視する?



僕は5分足をエントリー方向を決めるフィルターとして、

1分足はエントリーとエグジットを決めるために利用しています。

どちらとも大事なのですが、重要視しているのは執行時間軸の1分足。

上位時間軸の流れも大事ですが、

「やっぱりエントリーとエグジットを決める足の方が重要だよね」

ってことで、トレード中は1分足ばかり見ています。



これまでにもトレード中のチャートの使い方について書いてきましたが、

意外に思われる方も多いみたいです。

確かにネット上で書かれている一般的なトレードのやり方とは

違うかも知れませんが、僕にとってはコレが一番やりやすいんですよね。

過去に何度も失敗して、そこから徐々に改善してきた結果、

余計な情報を遮断して、無駄な行動を減らして現在に至ります。


僕のやり方が絶対的に正しいとも思いませんが、

長くトレードをやり続けるのであれば、自分なりのやり方やスタイルを

確立していくべきだとは思います。

もちろん自分が本当に納得した形でね・・・。


更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


GMMAとの出会い

どうもノッティーです!

雇用統計明けの月曜日、比較的静かな市場のスタートですね。

先週は序盤からイタリアのニュースでユーロもポンドもガッツリと下げましたが、

後半からは徐々に買い戻されましたね。

特にポン円は金曜日にガッツリと上げたので週足では釘のような

下ヒゲの長い陰線が確定しています。

これから徐々に上げていくのかな?という感じもしますね。

今週は先週と比較すると指標は少ないですので、

出来れば素直なトレンドが出るれば嬉しいですなぁ。

GMMAとの出会い



僕が初心者の頃に考えていた事をお話します。

1分足は、1時間で60本の足が出来ます。

3時間なら180本、6時間なら360本です。

日足だと、大体260本もあれば1年分に相当します。

これは紛れもない事実ですが、そこから僕はこんな風に発展させました。


「ということは、1分足で5時間もトレードすれば、
 日足だと1年分以上のローソク足を見れることになるんだ!」

↓↓↓↓

「相場の1年って上昇相場もあるし、下落相場もある。
 ってことは、1日5時間トレードしたら必ずトレンドが取れるじゃん!
 いや、3時間でも十分でしょ。」


↓↓↓↓

「1日に3時間でも相場を見張ってたら必ず動きがあるわけだから、
 チャンスを逃したらダメだ、絶対に入っていこう!」


飛躍しすぎですね・・・(笑)

でも本当にこう考えていたおかげで、基本的には慢性的なポジポジ病。

動かない日はボッコボコにやられました。

「なんで動かねぇの?」と不思議に思いながら・・・。

今思うと本当にアホらしい話なんですけどね。


日足と1分足ではローソク足の本数が同じであってもトレンドの出方は違います。

1分足の方がレンジが多く出る傾向がありますしね。

それに、もし日足と1分足が同じであったとしても、

日足1年分に相当する260本の足程度では、相場の様々なパターンが

出るわけもありません。


過去の日足をずーっと見ていくと分かりますが、年によって全然動きが違います。

それと同じで、いやそれ以上に1分足の値動きなんて日によって全然違うはずなのに、

過去の僕は「毎日同じようなパターンが繰りかえされる」と信じていたんですねぇ。

恥ずかしい・・・。


それからトレードを続けて行くうちに、徐々に

「ゾーン」に書いてある「相場のどの瞬間も唯一のものである

という考えが理解できるようになりました。

毎日の市場参加者も違えば、ポジションを取るタイミング、動くお金持も違う。

それならば、毎日違う動きをするのが当然なわけです。

毎日同似たようなパターンが繰りかえされると考える方が変なのです。


このような毎日違う動きをする相場の中でも

しっかり動きと方向を吟味出来る方法はないだろうか?


そう思っていたときに見つけたのがGMMAでした。

GMMAなら長期間の相場の流れが分かるし、トレンドが明快!

「自分が求めているのはコレだ!」と思ったのを今でも覚えています。


いやぁ懐かしいですねぇ。

何年前の話でしょうか・・・・。

今思えば人生が変わった瞬間だったのかもしれないですね。

あれから何とか勝てるようになって、専業になって、ブログを始めて

今に至ります。

実は今週でこのブログも丸4年が過ぎまして、5年目に入ります。

そんなこともあって初心者時代のことを色々と考えていたら

過去の恥ずかしい勘違いとGMMAの事を思い出してしまいました。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

応援方法について


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴11年、専業になって5年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

無料レポート集


FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

2017年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

獲得pips(ポン円+ユロドル)

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips
6月:411.3pips
7月:381.3pips
8月:364.3pips
9月:621.4pips
10月:472.1pips
11月:384.2pips
12月:163.4pips

2018年
1月:461.2pips
2月:441.5pips
3月:324.9pips
4月:354.7pips
5月:477.6pips