勝ちたいのなら、一つのことに集注しよう!

どうもノッティーです!

ちょいと窓を開けている通貨ペアもありますが、

月曜日らしいスタートですね。

先週はアメリカの金利だったり、イギリスがユーロ圏との関税同盟の話が

出たおかげで、主にドルストレートがよく動きましたね。

そのせいでユロドルはよく下げた一方で、ポン円は値幅に乏しい日が

多くありました。

やっぱりポン円は147円~150円辺りが心地良いのか、

この辺りのレートを抜け出せない状態です。

うーん、今週はどうなるんでしょうかねぇ・・・。。


とりあえず一つのことに集注しよう!



トレードをやっていて、気をつけないといけないのが自分の「」ですよね。

トレーディングなんてカネでカネを稼ぐ仕事なので、誰もが欲を持って始めている

とは思うんですが、欲がトレードの原動力になもなり、逆に勝てない要因の一つ

だったりします。


欲が勝てない要因になるのは、欲があると一つのことに集注できないからです。

欲のせいで無駄にエントリーしますし、損切りが出来なくなりますし、

資金管理も間違ってしまいます。


他にも、ろくに検証もせず、トレード手法の表面だけを知っただけで

「これは使えない」と決めつけて、他の見栄えの良い手法に飛びつくのも、

楽して簡単に儲けたい」、「もっと優れた手法があるはずだ!」と言った感じの

欲があるからなんですよね。

こういった欲のままに動き続けると、本当のトレードの技術が全く身につかずに、

無駄にトレード歴が長くなってしまう・・・ということになります。


で、このつまらない状況から打破する方法は何かというと、

このブログでも何度も言っていますが「一つのことに集注すること」です。

これだけで良いんです。


トレード手法は自分が「これだ!」と思うもの1つに決める。

スキャルとスイングの両方をやろうとせず、

スキャルならスキャル、スイングならスイングだけに絞る。

順張りと逆張りの両方で取ろうとせず、順張りなら順張りだけ、

逆張りなら逆張りだけでトレードする。


こんな感じで何か一つの手法、一つのタイムスパンだけでトレードするんですね。

器用に複数の手法を使い分けたりするのは、一つの手法で勝てるようになった

後にやるべき事です。


検証についても、自分の手法についてエントリー、エグジット、見送りポイントなど

一つ一つ集注してやっていきます。


こんな感じで地味なことをやることでしか見えてこないことって本当にあるんですよ。

それまでは全く気にもしていなかったローソク足の流れが、実は要注意な状態だったり、

逆に凄く美味しい状態だったり・・・ってことが分かったりするわけです。


これは自分でチャートを見て、頭を使って、色々とメモをしながら

検証したり、トレードしたり、反省したりしないと身につきません。

このことに気づけるかどうかで、その後のトレーダーとしての技量は

大きく違ってくると僕は確信しています。


先日、僕の教材を購入された方から、こんなメールを頂きました。

一部を抜粋させて頂きます。

私はトレードを始めて3年半になります。
これまでEAやシグナル系の商材に60万円以上もお金をつぎ込んできました。

今思えば恥ずかしい話ですが、勝率9割、楽勝といったフレーズに気を取られて、ついつい商材を買っては負けてばかりで、トレードの技術を身につける努力は一切やってこなかったと反省しています。

のってぃーさんのブログを読んで、はじめてトレードは技術が大事だと言うことを思い知りました。これからはのってぃーさんの手法だけでトレードして、検証も頑張ると決心しました。


メールをくれた方は、トレードで勝つための本質を知り、

それを本当の意味で理解し、決意するのに60万円必要だった、

と考えてもいいかもしれないですね。

でも、多くの人は「楽して稼ぎたい」という思いでトレードを始めて、損して、

ギャンブル的なトレードを続けるだけ続けて退場していきます。

そういった意味では、60万円はちょっと高いですが授業料と考えても良いかもしれないですね。


更新の励みになります。応援のクリックをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

応援方法について

僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


「相場のことは分からない」と思った方がいい

どうもノッティーです!

週明けの相場は、かなり穏やかなスタートですね。

先週のポン円はGWの下げから少し戻しましたが、BOEでまた下げました。

おかげで現在は安値圏での停滞的な状況になっていて、

もう少しレンジ的な動きになりそうな感じでもありますね・・・。

ポン円の147円~150円のレートは、昨年から今年にかけて

何度も停滞することが続いていているので、出来ることなら

早く脱出してほしいもんですよ・・・。


「相場のことは分からない」と思った方がいい



トレード手法を知って、検証してある程度自信が付いてくると、

「相場について分かっている」気分になります。

ローソク足、チャートパターン、ライン、波動、インディケーターなどの

自分が使っている見慣れたチャートから「次はこう動くかな?」

と自分で考えられるようになるわけですね。

自分の頭で「考えられる」ってのは大事なことです。


そして、運良く自分の考えや予測が、相場の動きとピタリと合うと

「やっぱ俺ってスゲぇ、当てられる」となるわけです。


そんな状態でトレードして、損切りが続くとどうなるでしょうか?

「外すわけがないのに、なんで損切りばかりなんだよ!!!!」

と必要以上にイライラして、ストレスを感じるはずですね。



チャート分析だったり、トレード技術が上がってくることでハマってしまう

落とし穴がコレなんですよね。

相場を確実にピタリと当てることは誰にも出来ないわけなのに、

「自分が相場を分かっている」と思い込むことで、

不必要に精神的な負担を受けながらトレードする羽目になるわけです。



自分の相場に対する考えを持つのは大事です。

長いこと検証して、チャートも見てきたなら、勝手に「次はこんな動きになるかな?」

と色々と考えてしまうモノです。

でも、それが当たるか外れるかは運です。


トレード手法というのは、相場の動きの大まかな傾向をとらえる事で

大数の法則的な優位性を得ようとするものです。

なので、次のトレードで勝てるか勝てないかというのは運の要素の方が強いわけです。

そう、運です。


簡単なようですが、コレを受け入れるのってなかなか難しいんですよね。

特に裁量が入るトレードの場合は、どうしても自分で「こうなるだろう」と考えて

エントリーとエグジットを繰りかえすわけですから、

それが「運」とは考えたくない気持ちも分かります。


でも、相場の動きを確実に予測なんて出来ない以上、コレを受け入れるしかありません。

つまり、「相場のことはよく分からない」という考えを根底に持っておいた方が

精神的に楽ですし、そっちの方がトレードルールに従えるんですね。


「相場のことはよくわからない」だけど、ルール上のエントリーポイントだから入る。

そしてルール上のエグジットで利食い・損切りをする。

トレード手法や技術にに優位性があれば、全部勝てるわけじゃないけど、

トータルで見ると口座がプラスになるんです。


だから、「自分は相場の分かる!!」と思うときは危険です。

本当に相場を分かっている人は、「相場の先なんて分からんものよ・・・」と思いながら

トレードしているはずですので。


応援のクリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

応援方法について

僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


ルールが守れるようになるまでの流れをパターン分けしてみた

どうもノッティーです!

GWも終わってしまいましたね。

中盤からようやく僕の体調も良くなって、休暇が取れました。


それにしても先週1週間で、思っていた以上に相場が動きましたね。

流れとしてはドル高。

特にユーロやポンドに対してドルが強くて、

ユロドルやポンドルはかなり下げてきています。

この流れを受けてポン円も下落しており、現在は147円台。

また「おなじみのレート」まで戻ってきていてちょいと面白くないですね・・・。


GW中はよく動いたおかげで「トレードすればよかったなぁ・・・」

なんて思ったりもしますけど、よく動いたのがNY時間でしたし、

取れたかどうかも分かりませんので仕方ないっすね。

これから頑張りたいと思いますよ。


ルールを守れるようになるまでの大まかな流れ



トレードルールを守るというのは、なかなか難しいことです。

でも、ちゃんと意識しながら継続してトレードの考え方や技術を学んで行けば、

ルールをしっかりと守ったトレードが出来るようになるものです。


しかし逆に言えば、テキトーにトレードを続けているだけなら

ルールをしっかりと守れるようになるのはなかなか厳しいでしょう。

それだけ悩んで苦しむ必要があるんですね。

今回は、トレードルールが守れるようになるまでの大まかな流れについて

パターン分けして考えてみました。



1.王道パターン



3.png

(上の図の意味としては、真ん中の水平線がルールを守れる/守れないの境界で、その上がルールを守れるゾーン、その下がルールが守れないゾーンとしています。
守れるゾーンは上に行くほど盤石で、守れないゾーンは下に行くほどルールを無視するような状態と考えてください。)


上の図が正に王道パターンで、最初は全然ダメだけど、

少しずつ少しずつ意識を変えていくことで、

徐々にトレードルールが守れるようになる人のパターンです。

決して順風満帆というわけではなく、途中で「ルールを守れるようになった!」と

思いはする事はよくあるもの、調子が悪くなると暴走する・・・といったことを繰りかえします。

そんな状況が長く続いて「自分はダメなんだ・・・」と思ってしまいがちですが、

実は地味に成長していて、あるときには安定してルールが守れるように

なる流れですね。

僕もこのパターンに当てはまると思います。

普通のトレーダーの方も、この流れになるでしょう。

僕の教材を購入して勝てるようになる人も、こういった流れを経ています。

辛いことも多いですが、頑張れば報われます。



2.ショックパターン



40.png

まれにこんな人いるよなぁ・・・というパターンです。

ウダツの上がらない状況がしばらく続きますが、

とんでもない過ちによって大金を失い、そのショックによってルールを守ったトレードが

すぐに出来るようになるパターンです。

例えば数千万円~億の大金をトレードで失って、

それを取り返すために命がけで頑張る人・・・みたいな感じでしょうね。



3.グラスシーリング



1.png

ルールを守れる状態になかなかたどり着けない人です。

普通はしっかりと意識していればこうはならないんですけど、

自分に合わない手法を使い続けたり、トレードを純粋に「ギャンブル」として

楽しんでいるとこんなパターンに陥りますね。

他にもトレードで一発当ててやろうなんて考えていて、

当てることだけに集中している人もこのパターンでしょうか。

このままでは絶対にルールを守ったトレードを継続するのは不可能なので、

安定して勝つためのトレードについて学び治す必要があります。


4.レンジ!



4.png

ルールを守れるゾーンと守れないゾーンはずっと行き来するパターンです。

これは結構タチが悪くて、勝つときと負けるときの差が激しいバブルトレーダー

もこのパターンに入るかなと思います。

調子が良いときはルールを守って、調子が悪くなると暴走する、

コレがずーっと続くのです。

一見すると「王道パターン中」にも似たようなレンジ期間があるのですが、

このレンジにハマる人は「1回1回のトレードで勝つこと」に拘りすぎていて、

トレードの本質である「トータルで勝つ」ということを忘れているように感じます。

でも、考え方を変えれば王道パターンに移ることも可能です。


簡単ではないけど、やれば出来るはず。



GW中に頭に浮かんだことをまとめてみました。

「ルールが守れない・・・」と悩んでいる方は多いと思います。

簡単では無いです。難しいです。

「よし!頑張る!」で出来るモノではなくて、何度も何度も苦しんで、

勉強して、理解して、納得して・・・を繰りかえす中で必然的にできるように

なるものだと僕は思っています。

ルールが守れるようになると、トレードに余裕が出てきます。

ルールに守られている」とすら感じるようになります。

こんな考えになったときこそ、安定して利益が出ている状態なんですね。


応援のクリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

応援方法について



僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴11年、専業になって5年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

無料レポート集


FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

2017年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

獲得pips(ポン円+ユロドル)

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips
6月:411.3pips
7月:381.3pips
8月:364.3pips
9月:621.4pips
10月:472.1pips
11月:384.2pips
12月:163.4pips

2018年
1月:461.2pips
2月:441.5pips
3月:324.9pips
4月:354.7pips
5月:477.6pips