コインチェックの事件で明るみになった「リスク」

どうもノッティーです!

先週は相場がよく動きましたねぇ。

ポン円は高値を更新しては下げて・・・の流れではありましたけど、

ポンドルやユロドルといったドルストレートは良い勢いで上げ続けました。

昨年と比べると本当に相場に活気が出てきて良い状況だと思います。


今週は月末&月初で、FOMC、トランプ大統領の一般教書演説、

そして金曜日の雇用統計と超重要指標が目白押し。

先週は要人発言で相場がかなり上下しましたので、

もしかしたら今週も過敏に反応する可能性もあるかな?と思っています。

よく動くことを期待しつつも、リスク管理には気をつけてトレードしたいですね。


コインチェック問題について思うこと



連日報道が続いていて、誰もがご存じだとは思いますが、

金曜日にコインチェックから約580億円相当のNEMが不正流出しました。

僕も一応コインチェックには口座開設だけはしていて、

「今日はなんか変なメールが来るなぁ・・・」と思っていたんですけど、

かなりエラいことになってしまいましたね。


金曜日の夜はちょっと夜更かしをしてコインチェックの会見を見ていて、

「社長の横でよくしゃべっている眼鏡の人、どっかで見たことあるなぁ・・・」

check.png


と思っていたら、いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンの筆者でした。

あの本、わかりやすくて勉強になったんですけどねぇ・・・。


一応、コインチェックが顧客の損失分の多くを補填すると発表していますが、

今回の事件で、仮想通貨の弱点が明るみになりましたね。

それがブローカーリスク。


ブロックチェーンを利用する仮想通貨自体のシステムは堅牢で、

なかなか破ることはできません。

でも、仮想通貨を取扱う取引所のセキュリティがガバガバだと、

今回のように海外のハッカーからヒョイと持ち去られてしまうわけです。

仮想通貨は日本が定めた「通貨」ではないため、誰も保証してくれません。

そのため取引所に何かあった場合は、取引所になんとか頑張ってもらうしかない・・・

ということになってしまうんだなぁと勉強になりました。


FXでも急にサーバーがダウンしたり、スイスフランショック級の動きで

レートが表示されずに損切りすら出来ない・・・といったブローカーリスクはあります。

でも、仮想通貨はまだまだ黎明期で、色々とスキが生じやすいために、

FX業者以上に「取引所が想定していないリスク」がありそうな感じですね。

今後もハッカーと取引所のイタチごっこは続きそうです。


10年ほど前は、今よりももっとたくさんのFX業者がありました。

でも、レバレッジ規制、スプレッド競争、業界全体の健全化などで、

不正をしていたり、体力のない業者は淘汰されていきました。
(昔はFX業者でも露骨なストップ狩りとか約定拒否ありましたよね・・・。)

仮想通貨の取引所の流れもFX業者の流れと同じように、

今後はシステム開発や手数料の競争が激化して、DMMやGMOやSBIのような

資金力とそれまでのノウハウのあるところが結局生き残るのかなぁ・・・

という感じはしますね。


そして今回の事件は、加熱しすぎていた日本の仮想通貨ブームについて、

ちょっと冷静に見直す機会にもなったのかなと思います。


仮想通貨は取引量が少なく、ボラティリティも高いのですし、

開発者、取引所、ハッカー、マイナー等の動向、そして国の規制によって

一瞬で価値が変わってしまうリスクもあります。

その辺を考えて、取引をするのなら余剰資金でやるのが一番ですね。


僕はまだリスクが大きすぎると思っているので、手は出しません。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


損切は経費!と割り切るのが難しい理由

どうもノッティーです!

クリスマスも終わりまして、年末から正月にかけて相場が

動き出すかな?という状況ですね。

僕は例年通りなら年末のトレードはやらないのですが、

今年は27、28日くらいはトレードしようかなぁ・・・と考えていました。

ただ、僕自身が年末気分になってしまって、トレードするのが面倒だなぁ・・・

という心理状況になってしまいました。

明日はどうしようかなぁ・・・・という気分です。


損切は経費!と割り切るのが難しい理由



トレードは利食いと損切を繰り返して、それらを総合させた結果として

利益が出ていることを目標としてやっていくものですから、損切は避けられません。

だから僕は、損切は必要経費!

と、ブログで何度も書いているんですが、なかなか割り切るのは難しいですよね。


僕も今月は5連敗がありまして、やはり良い気分はしませんでしたし、

少々不安な気持ちにはなりました。

では何で損切を経費と割り切るのが難しいのでしょうか?

僕なりに考えてみました。


1.事前に利益になるか経費になるかわからない



損切が経費だと割り切れない一番の理由はコレじゃないかと思います。

「商品を仕入れてそれを売る」といった普通の商売では、仕入れが経費になります。

お金を出して商品を仕入れないと仕事になりません、だから経費なのです。


では、商品を仕入れたとき、商売人は損切りをしたような気分になるでしょうか?

商品仕入れてしまったよ、クソッ!」と思うでしょうか?

仕入れた金額にもよるでしょうけど、そうはならないと思います。

むしろ、「この商品を売って利益を出すぞ!」という前向きな気分になるんじゃないかと。


これは僕たちトレーダーがトレードに関する本や商材やツールを買ったときに、

「よし!今回買ったコレを利用してトレードで勝つぞ!」

と思うのと同じような心境じゃないでしょうか。


では、何で経費としてお金を出しているのに前向きな気持ちになれるのかと言うと、

事前にお金が減ることを了承した上での行為だからだと思います。

お金を出すことで、今後自分が更に利益が出せるようになる、

そう考えるから前向きに経費を支払えるんですね。



では、トレードはどうでしょう?

エントリーした時点では利食いになるか損切になるかわかりません。

ポジションの推移が、含み益から一気に転落して含み損、そして損切にヒットすること

も当然のようにあるわけです。

この状況を見ていたトレーダーの心理状況としては、「よし!今回は勝ちになりそうだ!」

と思ったところで一気に転落して損切になるわけですから、

損切幅分だけでなく、それまでの含み益分も損した気持ちなることも否めないですね。


まぁこんな感じでトレードは事前に利益になるのか経費になるのかが不明で、

ポジションを持っているときに妙な期待をしてしまうために、

損切をしたときに「必要経費だから!」と割り切りにくいんだと思います。


2.損切した後にアレコレ考えてしまう



損切すると「何で負けたのか?」について考えたくなりますよね。

「もしエントリーしていなかったら・・・」

「せめてトントンのところで終わっていればよかったのに・・・」


などなど、後知恵バイアスも手伝って、あたかも「自分は前から知っていたのに!」

といった気分で損切したトレードを考えてしまうと、後悔とか残念な気持ちが強くなって

経費と割り切ることができずに、単純に「損した!」って気分になりますね。


トレードの反省をすることは大事なんですけども、

トレーダーの相手は偶然をはらんだ怪物である相場ですから、

僕たちがいかにルールに従って「正しい」取引をしていたとしても、

負けることはあります。損切は避けられません。

だから、「負けには必ず原因がある」と思い込んでしまうと、

「損切は経費」という考えが頭に入りにくくなるでしょうね。


それでも損切は経費だと考えたい!



今日はちょっといつもより時間に余裕があるので文章の多い記事になりました。

「損切は経費!」と割り切れない理由について僕の考えをまとめたんですが、

割り切るためには、やっぱりトレード経験を積むしかないかなと思います。


ロットを最低まで落として、ガムシャラに優位性のあるルールに

従ってトレードしていけば、結果として利益が出ていることを体験することができます。

この経験が有るか無いかだけでも、損切に対する考え方がぜんぜん違ってくると思います。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


勝てるようになった時の肩透かし感

どうもノッティーです!

今日のポン円ちょっとした下窓からのスタートですね。

先週のポン円は引き続き見事にレンジにハマっていて、

相変わらず150±1円が心地よい状態でした。

おかげで先週の値幅は200pips未満という散々な相場・・・。

だれもが「今週こそは!」と思ってるんでしょうけど、どうなるのかなぁ?

為替市場全体に活気が無いので、何か動く原動力となりそうな

ネタがあれば良いんですけどねぇ・・・・・。



勝てるようになった時の肩透かし感



金曜日にコメントをご紹介した方から、このような質問を頂きました。

勝てるようになってからの不思議な感覚ってありますよね。

私はトレード歴1年半になる31の男子です。

いままで中々勝てないトントンのような状況が続いていて、寝る間を惜しんで手法の勉強、検証、メンタルに関する本などを読んだりしておりました。

その中で最近ちょっと勝てるようになってきてなんか肩透かし感のような変な感じの気分になっております。

以前は勝てるようになるまでfxの勉強以外はやらない!という気合で起きてる時間で仕事以外の時間はそれしかやらない生活をしてました。

睡眠時間も7時間から4.5時間に変えて朝5時から勉強を行う日々でした。
最近は以前と比較して実トレードの割合が増えたので基本的には平日仕事が終わった後はトレードを行い、実トレードを行うにあたっては体調管理もするべく睡眠時間も6時間に戻している生活を送っております。

自分的にこの生活は以前に比べてストイックさが足らない気がして少し気になっています。

あと以前は勉強の内容として自分の中で勝てる手法というものが確立されていなかったのでそれを探したり検証したり、といった作業が中心になっておりました。

現在はまだまだ検証、実トレードが足らないのは間違いないですが、ノッティーさんのおかげで優位性のあるシンプルな手法を得た気がしています。

こういった中で今後どういった勉強に取り組んでいくべきでしょうか?


かなりストイックな方ですね。かつての僕を思い出します。

内容としては、大体こんな感じです。

「勝つために努力を続けているけど、リアルトレードで勝てるようになってきてからは
体調管理も考えてトレードの勉強時間を減らしている。
以前と比べると努力が足りない気がするんだけど、これでいいんだろうか?」


不安になる気持ちはよくわかります。

勝つために膨大な努力をしていたのに、その努力量が減って大丈夫なのか?

真面目にやっている人ほど、こう思うはずです。


ただね、何でもそうですけど最初が一番大変なんですよ。

新しく何かを学ぶ時は、何を学べばいいのか知らないし、

どうやって学ぶのかも知らない。

そして学んだことをドコで活かせばいいのかも知らない。

FXを始める人の多くが、それまでのキャリアとは関係ない状態でゼロから

始めるわけですから、最初の学びは遠回りばかりで効率が悪いのです。

だから時間がかかります。(でもこのプロセスはとても大事だと思います)


でも、続けていくとコツが掴めてくる。

自分にとって合ったトレード手法やスタイルが分かってくるし、

検証のやり方についても、経験を積むことで効率は徐々に上がってくる。

自分に足りないものが分かっているので、そこだけをピンポイントで学べる。


こんな感じで、トレーダーの能力が上がってくると、勝つため、

勝ち続けるために必要な努力の量や時間が少しずつ減ってくるものなんですよ。


質問された方は、それまでの膨大な努力のおかげで現在の状態に到達できた

経験もあってか、

「トレードで勝つためにはストイックに時間をかけて努力を続けないといけない」

と思われているように感じます。だから肩すかし感があるんでしょう。


でも大丈夫。心配ありません。

トレード技術の向上のコツを掴めたのであれば、今後は毎日のトレードの見直しと、

トレード中に「これはどうだろうか?」と思ったポイントやチャートの検証を

定期的に続けていけば大丈夫だと思います。

ベースが出来上がっていたら、後は比較的楽になるものです。


飛行機も離陸するときには膨大な燃料を必要とするそうです。

でも、一度飛び立ってしまうと、同じ距離を進むのに離陸の時ほど多くの燃料は

使いません。トレーダーの成長も似たようなモノじゃないでしょうか。


もちろん「俺は勝てるんだぞ!グハハハ!」と調子に乗ってはダメですよ。

調子に乗ると面白いくらい相場にやられますからね。


文章を見た感じだと、トレードの大きな大きな壁は超えたように思えますので、

今後はリアルトレードで多くの経験を積んで腕を磨いていかれると良いでしょう。


それから、自分の考えに合う相場書を読むのも効果が高いですね。

直接的なトレード技術の向上というよりは、相場との向き合い方を再確認させてくれる

という意味で、大きな効果があると思います。

僕も魔術師シリーズやゾーン、デイトレード、リバモア関連は定期的に読み返すことに

しています。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴10年、専業になって4年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする
(右クリックして対象を保存をクリックすると保存できます)


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

獲得pips(ポン円+ユロドル)

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips
6月:411.3pips
7月:381.3pips
8月:364.3pips
9月:621.4pips
10月:472.1pips
11月:384.2pips
12月:163.4pips

2017年
1月:461.2pips