6月29日分のトレーディング

どうもノッティーです。

昨日は記事にも書いたようにユロドルもポン円も大きな下窓開いたんですけど、

ユロドルの方は見事にニューヨーク時間で窓埋めしちゃいましたねぇ。

「え?マジで?」という感じです。

昨日、ギリシャのチプラス首相(40)が

「銀行が窒息状態にあるのにどうやって支払えと言うのか」

tsipras.png

と言ったらしいんですが・・・。(確かに無理だろうけど)

こんな逆ギレすら市場は織り込み済みだったというわけか!


一方でポン円さんはリスク回避の円買いのおかげで窓埋めならずでした。

うーむ、本当に波乱の1週間になりそうですよ、コレは。


ポンド円
20150629g.png
(詳細は、教材購入者専用のサポートブログで解説しています)

1回目:10.5

最初の目線は・・・上かな?

でもキレイに上げずにレンジになってしまってユロドルを中心に見てました。

最後に何とか動きが見えてきたんでロングで終了!でした。



ユーロドル
20150629e.png

(詳細は、教材購入者専用のサポートブログで解説しています)

1回目:19.1pips

こっちは最初からわかりやすい動きで目線はロングのままでした。

でも上げはしたんですけど、どうも僕としては狙いやすいタイプではない。

ずっとチャンスを狙ってましたが、1回で終わりました。


昨日の朝方はもしかしたらレンジになるんじゃないかなぁ・・・・

と思ってたんですけど、ユロドルのガシガシと底値を固めて行く動きは予想外でした。

でも相場で自分の予測とか考えよりも優先させるのが現在の価格。

価格の動きに沿ってプランを練るのがトレーディングですね。

現在の価格こそが絶対の正義!

テクニカルトレーダーですから。

「今の価格は適正な価格ではない!」とは僕は考えていません。

ファンダメンタルズは組み入れていませんので・・・。


応援のクリックをよろしくお願いします。
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


ギリシャ問題、加熱!

どうもノッティーです!

波乱の一週間の始まりです!

昨日、ECBがギリシャ支援の延長を拒否した結果、

久しぶりに大きな窓の開いたチャートになってますなぁ。

ユロドルは150pipsちょっと、ユロ円は300pipsちょっと、

そしてポン円は250pipsくらいの下窓です。


正直なところ、ユロドルはもっと下げるんじゃないかなぁと

昨日思ってました。ユーロ始まって以来の正念場ですから。

それから円はこういう時に強いですね。リスク回避の人気通貨です。


ギリシャの方では、昨日からATMに人が並んでいたそうなんですけど、

今日はATMすら停止しているみたいですね。

これから本格的にお金を動かせない状態になりそうな感じです。

ギリシャがユーロを離脱しようかデフォルトしようが関係なく

ユーロというお金は残るし、ユーロ圏では問題なく使えるから、

そりゃ必死に自分のお金を取り戻そうとしますよね。

自国だけの通貨じゃないから、デフォルトしても紙くずにはならない。

その辺がギリシャ人をノーテンキにさせてる要因なのかな?


まぁ、そんなことがありますんで、今週は気を引き締めて

トレードに臨んで行ったほうがよさそうですね。

ギリシャ問題、月末、月初要因、雇用統計などなど、

相場を動かしそうなネタには事欠かない一週間となりそうですから。


僕としては、この混乱に乗じてポン円とユロドルの乱れた動きが終了して

今までのわかりやすい動きになってくれればなぁ・・・と期待しています。


相場が強く動くときは、結構ネガティブなニュースを反映することも

しばしばあります。

その渦中にいる人たちからすれば、「こんな時にトレードとは何事だ!」

と思うかもしれないんですけど、これが我々トレーダーの仕事です。

相場に流動性を与える大切な役目なのです。

だから、トレード頑張るぞ!!

応援のクリックをよろしくお願いします。
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


6月26日分のトレーディング

どうもノッティーです。

いやぁ参りました。昨日の相場には。

ポン円とユロドルのダブルでクソな相場が来るとキツイっす。

しかもニューヨーク時間で動き出したし・・・。

もうね、完敗です。


ポンド円
20150626g.png
(詳細は、教材購入者専用のサポートブログで解説しています)

1回目:-7.8pips

序盤はユロドルでトレードして、後半戦からポン円でした。

で、そこそこなポイントでエントリーしたんですけどすぐに損切り。

もうやる気を失ってしまって、その後の上げも狙う気にはなりませんでしたよ。


ユーロドル
20150626e.png
(詳細は、教材購入者専用のサポートブログで解説しています)

1回目:0.6pips
2回目:-6.9pips
3回目:1.7pips


1回目のトレードで微益でも勝てた!とちょっと嬉しかったんですが、

全体的に損大利小になってしまいました。

やっぱりピコピコ乱れて動くチャートはやりにくいっす。


こういう時に負けが続くとイライラしがちですけど、

そうなってしまったら相場の思う壺。

とんでもないトレードを繰り返してしまう可能性もあるから、

相場が悪い、合っていない、調子が悪いと思えば、トレードから離れる。

コレが大事っすね。

僕の場合、昨日のポン円の損切り以降はトレードする気を無くしてしまって

チャートもあまり見てませんでしたし、上げても下げても

「もういいや、どうせ今日は負けるし・・・」という感情でした。


長くトレードをやっていると、その日のツキっていうか、流れというか、

どうやってもダメな日ってあるんですよ。

足掻くほどに損失が増える日っていうのが。

そんな日なんて来ないに越したことはないけど、やっぱり来る。

その時にどうやって見切りをつけるか。

ドツボにはまってしまう前に逃げるのもリスク管理ですね。

応援のクリックをよろしくお願いします。
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴9年、専業になって3年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする
(右クリックして対象を保存をクリックすると保存できます)


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

獲得pips

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips