パラメーターを考えてみませう。

どうもノッティーです!

月曜日がきましたけど、世間的には3連休ですね。

少しずつ夏の暑さに慣れてきて、そろそろ夏休みかぁ・・・・

っていう雰囲気ですね。

何だか気分が浮かれてしまいがちですけども、

この気分をトレードに持って行っちゃァいけませんね。

浮ついた気分で仕事しちゃダメですから。

僕も今日の記事を書きながら気合を入れ直しているところですよ。


まぁね、今日はあんまり動きそうにはないかなぁ・・・と思いつつ、

それでも動けば良いかなぁと思ってます。うん。

8月はもう期待してないし・・・。


それで今日の本題ですけど、「パラメーター」ってあるじゃないですか。

インディケーターで設定する数値で、過去のローソク足何本分までを

さかのぼって計算にいれますか?っていうやつ。

同じインディケーターでも、数字によってガラっと見た目が変わるのは、

よくご存知のはず。特にGMMAとか3本RCIを使っている人ならね。

chart.png

例えば僕のチャートで一番パラメーターが大きいのはEMA100。

ローソク足100本前の動きまでを計算に入れて表示しているわけです。

それよりも後ろにあるローソク足は計算にはいっていません。

ローソク足が切り替わるたびに古いローソク足を切り捨てて行っています。


つまり僕は、今現在のローソク足から100本後ろまでしかの値動きしか

相手にしていないことになる。(基本的にラインは使いませんので。)


僕のトレード手法は、言わば過去のローソク足100本の動きのなかで、

長期、短期に分かれるGMMA(最大パラメーター60)や

3本RCI(最大パラメーター52)を見てエントリーするかしないかの条件を

探る・・・ていうものになります。

そう考えると、EMA100はトレードの軸になります。

マニュアルを持っている方ならご存知かとは思いますが、

僕はEMA100というものをかなり重要視しています。


これを読んでいるアナタも色々なパラメーターを使っていると思います。

その中で、一番大きなパラメーターのインジをどう考えていますか?

こう考えると、いつものチャートがちょっと新鮮に見えてくるんじゃないかな。

チャートって、深いんです。

応援のクリックをよろしくお願いします。
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴10年、専業になって4年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする
(右クリックして対象を保存をクリックすると保存できます)


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

獲得pips

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips