1時間足の切り替わりのタイミング

どうもノッティーです!

連休中なんで昨日はトレードを休んでました。

やっぱチャートを見ない日って気楽でいいっすねぇ。

過ごしやすい気候で心地がいいし・・・。


今日はトレードどうしようかな・・・。

動きが良かったらトレードするつもりですけど、

僕も世間の雰囲気に飲まれて休日モードなんだよなぁ・・・。


今日はね、サポートブログで書こうかと迷ったことを書きます。

(ネタがないわけじゃないんですよ)


チャートは縦軸を価格、横軸を時間にして価格の変動を表示したものです。

1分足は1分ごとに更新されるし、1時間足は1時間ごとに更新される。

1分足の積み重ねで1時間足は動くし、1時間足の積み重ねで日足は動く。


1分足が次の足に変わる時と、1時間足が次の足に変わるときは

全く同じタイミングです。59分から00分に切り替わるときですね。


先週、こんな質問を貰いました。要約すると

59分までは勢いよくトレンド方向に進むけど、00分になると逆行して
含み益がへるんだけど・・・。



毎日チャートを見ていると、こういった事象に良く出くわします。

この理由は色々とあると思いますけど、1番の理由は見ているトレーダーの数

じゃないかなと思います。

1時間足を見ているトレーダーはかなり大勢います。

国によって時差があっても1時間足が切り替わるタイミングは同じです。


特に15時~18時くらいだと、ヨーロッパの国々が東側から順々に

市場オープンとなって参入してきますから、色々とごった返して

ちょいと逆方向に進むこともあるんですね。


1時間足レベルの「ちょいと逆方向」といっても1分足では結構厳しいくらいの

逆行になることもしばしばあるわけです。


この対策をどうするか?

うーん、僕はそこまで気にしてはいません。

こういった傾向があることは知っています。

でもルールに則ってトレードしてます。

1時間足が切り替わっても流れがそのまま続くことだって良くありますし。

気になるなら切り替わりの前に逃げればいいし、

まだ伸びると思えばホールドすれば良い。

逆にこの特性をうまく使ってエントリーする方法があるかもしれない。

考え方は色々です。

応援のクリックをよろしくお願いします。
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴10年、専業になって4年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする
(右クリックして対象を保存をクリックすると保存できます)


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

獲得pips(ポン円+ユロドル)

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips
6月:411.3pips
7月:381.3pips
8月:364.3pips