FT2についてまとめてみたっす。

どうもノッティーです!

今週は下窓スタートですね。

・・・下窓で戸惑ってます。

語呂がいいので書いてみただけです・・・。

東日本大震災の時も円高に向かいましたけど、今回の熊本・大分の地震でも

円高に進んでいますね。

日本だけでなく、裏側のエクアドルでも大地震があって、この2つの地震に

因果関係は無いそうですが、やはり恐怖を煽られます。


他にも円高要因として原油生産国による増産凍結が合意に至らず・・・

というのもあります。足並みが揃わなくて生産国の通貨が売られて、

リスク回避で日本円の爆買い(だかわかんないけど)になってるとか・・・。

波乱の1週間になりそうです。

リスク管理、常に意識した方がいいっすね。


昨日、こんなコメントをもらいました。

検証の大切さはいつものブログ内容からよくわかっているので、FT2を僕も購入してみようと考えています。
サイトを見るとデータサービスでVIPデータを購入しないと、のってぃさんの手法だと検証にならないのではないかと思っています。

のってぃさんも1分足やティックデータがあるVIPデータを購入されて実施されているんでしょうか?
無償でついているデータだとスキャルの検証は難しいとFT2のサイトで言われています。お忙しいところ、またFT2に相談するべき事項だとは思いますが、のってぃさんの検証する環境をしりたく、メールさせてもらいました。



FT2とMT4の違い、使い勝手等については、僕のマニュアルのサポートブログで

詳しく書いているので、マニュアルを購入してくださいね。


…というのはちょいと冷たいので、今回は特別にサポートブログで書いた

検証に関する記事の中の一部を抜粋します。


Forex Tester2の特徴



FT2.png


1.過去のチャートを動かしてトレードの練習ができるソフトである



コレがFT2の最大の特徴ですよね。
昔のデータをFT2が読み取って、その動き通りにチャートがピコピコ動きます。
チャートを動かす速度は調節できるし、動かしている途中でちょっと前に戻す
巻き戻し機能までついています。

そして、その過去の動くチャートで仮想売買も出来るので、自分のトレードの現状を
知るこもできて、弱いところも分かる!という凄いソフトです。

このソフトを使えば、無リスクでトレードの場数を増やすことができるんです。
まぁ、無リスクなところがメンタルまでは鍛えきれない理由になるんですけど・・・。


2.使えるインディケーターはデフォルトのものだけで、追加しようとすれば有料になる。



FT2で表示させることのできるインディケーターは、デフォルトのものだけです。
だから、それ以外のモノを表示させようとすれば、業者に依頼して作ってもらうか、
新たにそのインディケーターを購入しなくてはいけません。

まぁ、GMMAもRCIもメジャーな指標なんで普通に売ってます。

しかーし、有志の方が自作されたFT2用のGMMAとRCIのインジを
製作者のご厚意でサポートブログで無料配布しています。




実は過去のデータが有料だったりする



FT2はいいソフトなんですけど、コレが痛いんですよね、実際。

過去のデータにはベイシック、スタンダード、VIPの3種類があります。

ベイシックデータ

ベイシックデータは、FT2を買ったときについてくる無料のデータです。
このベイシックデータは15分足以上の検証で使うことを推奨しています。
1分足で動かすとカクカクします。
これで検証は厳しいかな・・・と僕は思います。

スタンダードデータ

スタンダードデータは、5分足以上での検証を推奨されています。
1分足で動かしてもそれなりにしっかり動きます。


VIPデータ

ティックデータです。
なので、1分足で見てもカクつきません。実際の動きと全く同じです。
(一部変な動きもありますが・・・)
1分足の検証に使うことを推奨されています。
1分足で検証する理想はこれですよね。

これら3つのデータによる1分足の動きの違いはココで動画になっています。

http://www.forextester.biz/DATAhikakuB.html

やっぱりVIPがいいですね。


データを買うならどれがいいの?



そうですね、理想はVIPになります。
だけどVIPは一ヶ月4800円、スタンダードでも2900円とバカみたいに高いです。

でも、VIPでもスタンダードでも1ヵ月分だけ購入すれば、それまでの過去のデータが
10年以上分全部まるまるダウンロードできます!

だから、買うのならVIPを1ヵ月分だけ買って徹底的に過去のデータで徹底的に
練習するのがオススメです。

僕は2016年になって久々にVIPデータを買いました。
また、MT4のデータをFT2にインポートすることも可能です。


補足:MT4でもやれます



過去のデータを使ってチャートを動かすのは別にFT2に限ったことではありません。

MT4のストラテジーテスターを使えば同じようなことができます。
でもMT4の場合は、ストラテジーテスターで動かすための検証用のEAを買わなくてはいけません。

が、無料でやる方法をサポートブログ内で解説しています。

MT4だと、MT4で動くインディケーターならどれでも動かせるし、
ちょっと数分前のデータもすぐに再現出来るっていうメリットもあるんですよね。
それからいつも見てるMT4で検証出来るっていうのも大きなポイントですね。

まぁ、MT4を使うかFT2を使うかはその人次第です。
トレードの練習としてはやっぱりFT2の方が向いてるかな?とは思います。

FT2ha巻き戻しも出来るし、途中で中止しても同じところから再開出来たりと
痒いところに手が届く設計になっていますからね。

しかし、FT2はライセンス制なので基本的に1パソコン1ソフトになります。
個人的にこれはちょっと痛いかな・・・。



とまぁこんな感じです。

質問の回答にはなってると思います。

FT2を買うんだったら、ついでにVIPデータも買っておいて損は無いと思いますよ。
(最初の1か月分だけね。)

ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴10年、専業になって4年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする
(右クリックして対象を保存をクリックすると保存できます)


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

獲得pips(ポン円+ユロドル)

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips
6月:411.3pips
7月:381.3pips
8月:364.3pips
9月:621.4pips
10月:472.1pips