5月30日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日のポン円さんは朝からバリバリ上昇モードでしたね。

おかげでロンドン時間に入ってから疲れてしまわれて・・・・。

というか、イギリスもアメリカも休みの日って東京時間も比較的静かな

イメージがあったんですけどねぇ。

朝イチから昼過ぎまでが一番おいしい時間帯だったようです。


ポンド円

20160531.png
(チャート及びトレードの詳細は、教材購入者専用のサポートブログで解説しています)

1回目:17.4pips
2回目:-6.3pips
3回目:-5.7pips
4回目:21.8pips


最初から目線は上。

午前中から続く上昇トレンドの終盤からスタートでした。

おかげでダマされましたね。。。

で、その後の下落は目線がまだ上向きだったのと、

途中から入ろうにも入れない動きだったので何もせず。

19時を過ぎてからは相場が静まってきたので「今日は終わりかな」

と思っていましたが、21時前にまた上げてきたので最後のロング、でした。


今日で5月最後ですね。

31日まであると何だか得した気分になるのは僕だけでしょうか?

しかも今日はイギリスとアメリカが連休明けになるので、

ロンドン時間以降はワンダフルな相場になるんじゃないかとワクワクしてます。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


目線は前もって決めておこう

どうもノッティーです!

今週で5月も終わりですね。

月末ってちょっと寂しい感じがするんですけど、

今月はその感情がちょっと強めです。

何でだろう?これから梅雨に入るし、暑くなるからかな?

ま、いっか!


今回は目線についてのお話でも。

毎日のトレード記事で、僕は必ず「目線は○○」と書いています。

要は「ロングかショートかどっちを狙って行こうかな?」ということなんですが、

前もってロングかショートか選択肢を一つに絞る、

っていう行為は大事だと考えています。

理由はこんな感じです。

・一つの方向にだけ集中してチャートを見られる
・そのままレンジにハマったとしても片方向だけしか狙わないので連敗しにくい
・ロングでもショートでも出来る気分でチャートを見ると、ポジポジ病になりやすい

ブログでもよく書いてるんですけど、「選択肢」が多すぎると、

人は迷ってしまって一貫したトレードを繰り返すのが難しくなります。

使うインジ、時間軸、手法・・・。

これらと同じで、ロングかショートかっていう2択であっても、

前もって決めておくか決めておかないかでトレード結果に差が出ると

僕は思ってます、というか、僕はそうでした。


今の手法が完成する前の段階では、上でも下でも1分足の状況次第では

狙ってもいいルールにしてたんですけど、やっぱりダマシに合いやすいんですよね。

そのおかげで精神的にキツイし、トレード回数も多くなるし・・・。


それで前もって上か下かを決めてトレードしたらどうなるかを検証したら、

トレード回数も減らせる上に損益は微増という結果になって、

すぐにトレードルールに追加した・・・とうい経歴があります。


で、上を狙うか下を狙うかの目線のつけ方については、

「機械的」に出来るやり方の方が良いと僕は思っています。

最初に上目線、下目線を決めるのは、トレードのフィルターの役割もあるからです。

検証もしやすいですし。


当たり前ですけど、相場が動いて上目線から下目線に

切り替える必要がある日があります。

そんな時にパッと目線を変えられるのは、短い時間で判断していかないといけない

スキャルピングトレーダーにはホント楽で助かります。


楽っていう言い方をすると語弊があるかもしれないですけど、

要は無駄にあれこれ考えなくていい、精神的にも疲れない、ということです。


行き当たりばったりじゃなくて、ちゃんと狙いをつけて、

その方向にチャンスがあれば仕掛ける。

golg.png

言われてみたら当然なんですけど、実際にやれている人は

決して多くは無いんじゃないかなと思っています。

ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


5月27日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日はちょいとボラは小さめでしたけど、ロンドン時間では下げましたね。

24日から26日までの強烈な上げからすれば、

こんな下げもまだまだ押し目なんですけど、

僕みたいな1分足5分足でトレードする人間からすると、

これはもう立派な下降トレンド。

自分が見る時間軸によって相場の向きまでが違って見えるってのは

改めて不思議な感じがしますね。


もちろん、トレンドの判定の仕方によっても解釈は違ってくるから、

言ってしまえばトレーダーによっても見えるものは違ってきます。


慣れないうちは、色々な時間軸を見ては翻弄され、ラインを引いては翻弄され・・・

となかなか思うようには行かないことが多いんです、はい。

フラクタルの中心でマンデルブロ!と叫びたくなるくらいなんですよ。
(僕はブノワ・マンデルブロ氏を心から尊敬しています)


そんなフラクタルの迷いから出るには、自分の「核」と言える考え方を

身につけるしかないですね。コレが凄く大事。

核があればそれを中心に相場を見れるから、分析が毎回ブレることはないですし、

時間軸の狭間の問題も自分で納得させることが出来る。

そうなると、上か下かどっちかわからない時は「わからん!」と

自信を持ってトレードを避けるようになります。


「正しい分析方法はコレだ、他は間違っている!」

と言う人もいますけど、絶対的に正しい分析方法なんてありません。

そんなモンがあったら世界中の誰もがやっているハズだし・・・。



何か話が長くなってしまいました。

昨日のトレードです。

ポンド円

20160527.png

1回目:20.6pips
2回目:-6.9pips
3回目:9.6pips
4回目:22.1pips


最初から目線は下。

ゴツゴツと下げては上げ、下げては上げ・・・という流れでしたが、

水曜、木曜の動きの後のこの動きは悪くはないと感じましたね。


今週ほど日によって極端にトレード結果が違う週も珍しいなぁと思っています。

来月のイギリスの国民投票まではそれなりにポンドは動くと思うんで、

積極的にトレードしていきたいところですな。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴9年、専業になって3年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする
(右クリックして対象を保存をクリックすると保存できます)


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

獲得pips

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips