チャートがゲシュタルト崩壊

どうもノッティーです!

昨日は運動⇒温泉⇒マッサージ・・・と肩凝りに効くフルコースでした。

おかげで今のところは好調です。

今週の途中でまた肩甲骨が凝り固まらないためにも

毎日入念な体操とストレッチを欠かさない様にするつもりです。

肩が凝るだけで仕事にもなりませんから・・・。


さて、10月も今日で終わりで明日から11月ですね。

これから一気に冬に向かいますから、体調管理には気を付けたいところです。

で、相場の方ですが、ドル円は上げてきてはいますが、

ポンドル、ポン円は相変わらず活気が無いんですよね。

今週は月初の重要指標ラッシュ、そして来週火曜日はアメリカの大統領選挙ですから、

この期間で何か面白い動きをしてくれたらなぁと思っています。



今日は、パニックしてしまった時の話でも・・・。

教材購入者とのメールのやり取りで思い出したことなんですけど、

そういえばここ数年、「チャートがゲシュタルト崩壊してないなぁ」と思ったんですね。


ここで言うチャートがゲシュタルト崩壊というのは、

チャートを見過ぎて全然チャートが分からねぇ」という状態です。


トレードをやっていると、自分とは合わない相場が必ずやってきます。

そんな時にも無理してトレードしようとして負けて、

負けを取り戻そうとしてまた負けて、次のポイントを探そうとチャートを見ていると、

「何これ?全然チャートが分からない・・・」といった状況の事です。

こんな経験ありませんか?僕は昔よくあったんです。

gesyu.png
その時のイメージは正にこんな感じでした。


どうしてもどうしてもトレードしたくて仕方がない時に、

何か条件に引っかかりさえすればエントリーするつもりでチャートを見ると

よく起こっていた現象でした。


チャートのゲシュタルト崩壊が起きてしまうと、もう「絶対」と言っていいほど

勝てませんでした。

冷静な判断も不可能なんですけど、それでもトレードして負けてしまう・・・。



気づけば自然にこの現象は起こらなくなったんですけど、

何でかな?と思っていたら、心の持ちようじゃないかな?


では、どんな心の持ちようならゲシュタルト崩壊しないのかというと、

「自分のわかるところだけでトレードすればいいじゃん!」という余裕です。


エントリーポイントを無理に探そうと血眼になってチャートを見ると、

知らず知らずのうちにチャートと自分の距離が近くなりすぎて

ゲシュタルト崩壊を起こしてしまうんですね。

トレード中にチャートを「分かろう、分かろう」とすることで起こる皮肉な結果です。


でも僕ら個人トレーダーは自分にとって良い動きをするときにだけ

トレードすればいいという特権があります。

だから、現在のチャートを無理に理解する必要も予測する必要も無いんです。

チャートの方が自分の理想とする動きになった時だけに仕掛ければいい。

コレが完全に理解できて、実行できるようになってからはトレード中にも

余裕が出てきたし、何よりもパニックになることも無くなりました。


チャートの動きを全部取るのは無理。

それが分かっていても、気づけば色々なところでエントリーしたいと思うものです。

でもそれが危険。チャートの方から歩み寄ってくるのをゆっくりと待ってやる方が

長期的に見ると一番効率のいいトレード方法だと僕は思っています。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


10月28日分のトレーディング

どうもノッティーです!

ようやく相場が動かない土日がやってきました。

何か土曜日ってだけで肩が少し楽になってるような気が・・・・。

まぁね、毎日毎日トレードやっていて慣れているとは言え、

プレッシャーとかストレスとかありますからね。

マーケットからの呪縛から逃れられる土日は精神的なオアシスですな。


まぁ土日、特に月末の土日はトレード結果を見直したりするので

トレードから全く離れるわけではないんですが、

トレードの反省とか検証は好きなので問題ないっす。

肩は凝るけどね・・・。


ポンド円

20161028.png

1回目:-0.4jpips
2回目:7.9pips


最初の目線は、「今日もトレード休もうかな」

18時前くらいまではどうしようもない相場で、やる気ナシでした。

流れが変わったのは18時半前のナイアガラの下落。

これをきっかけに攻めていったんですが、イマイチな結果でしたよ。


10月の相場は来週の月曜日を残すのみ。

7日にポンドがドカッと下げた時は秋の相場がキター!!

って感じだったわけですが、ボラが広がったのはわずかな期間のみ。

以降はボラティリティが以前よりも狭くなったレンジ相場ですよ・・・。


相場に動きが無いというのは、均衡している、材料が無いと考えられます。

ポン円もポンドルもレンジの状態が続いていますから、レンジの上限にも

下限にも注文が積みあがっているハズ。

で、上か下かのどっちかにぶっちぎる強い動きがあれば、

あとはストップロスを巻き込んだり、更にブレイクを狙う人たちの

新規のポジションも加わってドカッと動き出すんですがねぇ・・・。


多分、市場参加者の多くが「もっと動いてくれぇ!」と思ってるんでしょうけど、

何故かそうはならない。

市場って不思議なものです。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


10月27日分のトレーディングはお休み

どうもノッティーです。

昨日のポン円はロンドン時間では上げましたねぇ。

128円も突破したわけですが、レンジ上限ってこともあって、

どうも上値が重たそうです。

さてさて、昨日の僕ですが、トレードを始めてしばらくしたら、

やはり左側の肩甲骨の凝りと痛みと痺れがきつくなってきたので、

「今日はもういいや!」っていう気分になって、

トレードを休むことにしました。


整体に行くことも考えたのですが、慢性化しているこの状況を

打破するには自分で治す術を持つ必要があると考えて、

読者の方から教えてもらった方法や、ネットで調べた方法で

昨日の夜はずっとストレッチをしていました。


まぁスグに良くなるわけではないですが、今日は比較的楽です。

毎日時間を見つけてはストレッチをしていこうと思っています。


そんなわけで、昨日もらったお悩みメールをご紹介します。

おかげ様で調子が良くなってきて週単位でもプラスになることが多くなりました。
しかし、1日のトレード中に1回損切りすると、以前負けていた頃のことがフラッシュバックして、「ここでエントリーしても負けるんじゃないか?」と考えて次のトレードを尻込みすることが多くあります。

そこで見送ったところほど勝ちトレードになる傾向が高く、呆然とすることがよくあるのです。

何か対策等はございませんでしょうか?



完全にメンタルが足を引っ張っていますよね。

週単位で勝つことが多いってことは、腕は上がってきているわけです。

でも、過去の辛い経験が更なる飛躍を邪魔している・・・そんな状況ですね。

いわば、技術にメンタルが着いてきてないんでしょう。


これは個人が過去にどれくらい精神的なダメージを受けたかで

対策は違ってくると思うのですが、過去の自分と今の自分は全く違う

と、自信を持つ必要があります。


荒療治なやり方としては、ロットを最低限まで下げてから、

自分が「エントリーできる」と思えるところは絶対に入るようにする、


というものがあります。


どうせ負けたところで大した金額じゃありません。

自分に対する自信を高めるためには、とりあえず自分が大丈夫と思うところは

全部エントリーです。

その結果、今までよりも良い成績だったら絶対に自信がつくはずです。

自分のトレードに納得できるはずですし、負けがあったとしても、

トータルで考えたらこのやり方の方が勝てる!とわかるはず。


過去の辛い失敗経験も、今の自分の実力を知れば少しは和らぐことでしょう。


今までいじめられてきたけど、物凄く努力してかなり強くなった。

でも、いざいじめっ子を前にすると尻込みしてしまって・・・

という状況と似てるんじゃないでしょうか。

そんな時は、とりあえず全力でいじめっこをボコボコにしてみる(笑)

例えは悪いですし、相場をボコボコには出来ませんけど、

ココで一歩先に進めたら、更なるステージに上がれるのは確実ですね。

ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴10年、専業になって4年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする
(右クリックして対象を保存をクリックすると保存できます)


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

獲得pips

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips
6月:411.3