7月9日分のトレーディング

朝の段階で記事を更新していたのですが、下書きになっていました・・・。


どうもノッティーです!

昨日のポン円は、上窓スタートするもすぐに窓は埋まりましたが、

15時を過ぎてから再び上げ始めました。

僕も「お、これからポン円は上げてくるかぁ・・・」と思いながら

トレードを終了したんですけども、その後はイギリスのジョンソン外相の

辞任のニュースで一気に下げました。

でも、下げはすぐに止まって、現在はある程度戻してきていますね。


何だかポン円は上にも行けず、下にも行けず・・・・

といった感じで、もがいているように見えますなぁ。

これから上げるのか下げるのか全然読めない状況です。


ポンド円

20180709.png

1回目:5.6pips
2回目:-7.5pips
3回目:18.3pips
4回目:1.4pips


目線はずっと上。

一応月曜日ということで警戒はしていましたが、

東京時間で窓を埋めてから15時以降も上げてきたので、

積極的にロングしていきました。

僕のトレード時間の中で目立った動きは主に15時~18時まででしたが、

まぁ月曜日にしてはボチボチかな?と思っています。


それにしても本当にポン円はどっちに動くか分かりませんねぇ。

日足レベルで停滞してます。

こういう時に決めつけて考えるのは危険です。

「これから上げるはずだ・下げるはずだ」と考えると、

どうしてもそっち方にバイアスがかかったトレードしてしまいます。


そんな風には考えずに「どんな動きをする可能性もある」と考えて、

警戒しながらも自分のルールに従って、行くのが一番。

少なくとも、日足レベルで停滞している時に、デイトレやスキャルで

大きなブレイクを期待して勝負を仕掛けるのはよろしくありません。

確かにいつかはブレイクするとは思いますが、

それならブレイクした後に積極的に仕掛ける方がトレード的にも合理的だし、

精神的にも楽だと思います。




更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


自分の勝ちトレードと負けトレードから学ぼう

どうもノッティーです。

週末の大雨で西日本がエラいことになってますね。

昨年も九州で大雨がありましたけど、毎年「異常な大雨」が

降るようになっています。

おかげで、それまでは「災害が少ない」と言われていた地域が

災害を受けてしまう・・・という非常に残念な状態です。

岡山なんて災害が無いことが一つの売りだったのに・・・。


地震をはじめとした他の災害を総合して考えると、

日本には逃げ場がない感じがしますね・・・。


さて、相場の方ですが、ポン円やポンドルは上窓スタートですね。

まぁ既に窓はほとんど埋まっていますが、本円は一時的には久しぶりに

147円を抜けたようです。

もう3週間くらいレンジ相場が続いているので、

そろそろどっちかに動いてほしいものですよねぇ・・・・。

あとは完全に動かなくなっているドル円が目覚めるのを待つしかないのか・・・。

よく分からん相場ですなぁ。


勝ちと負けを見直す



トレード技術を向上させるために欠かせないことがあります。

それは、定期的なトレードの見直し。

毎日のトレードをノートなりエクセルなりにまとめて、

それを週末に確認する、ってのが僕のやり方です。


本当にトレードの見直しは大事で、

自分のトレードを改めて客観的に見直すことで、

トレード中には分からなかったこと・気づかなかったことや

新たなヒントが得られるビッグチャンスでもあるわけです。

これを本当にやるかやらないかでその後の結果は大きく違ってきます。


そんな見直しでぜひやってもらいたいのが、

「勝ちトレードを集中的に見直す」です。

過去のトレードの勝ちトレードを集めてきて、チャートを見ながら見直す。

こうすると、自分が勝ちやすいポイントがうっすらと分かります。

では、具体的にどんな時に勝ちやすいのかを色々と検証していけば、

自分が自信を持ってエントリー出来る勝ちパターンが見つかります。


勝ちパターンが見つかっても、そこでは終了ではありません。

勝ちパターンの中でも損切りになる事が必ずありますから、

損切りになるときはどんな状態の時に多いのかを知っておくと良いですね。



これと同じく、過去のトレードから負けトレードを集めて検証するのも意味があります。

特にルールに従っているのに負けたトレードを集めたら、

ルールの中でも特に負けやすい「負けパターン」が見つかります。

負けパターンが見つかったら、当然あとはスルーするだけ。

そうすれば勝率は上がりますし、トレードの収益も改善します。


このように勝ちトレードと負けトレードを見て検証していくことで、

自分の手法の中でも勝ちやすいところと負けやすいところが見えてきます。


もちろん検証したらすぐに見えてくるわけじゃありません。

見直して⇒検証して⇒リアルトレード⇒見直し⇒検証⇒リアルトレード⇒

のサイクルを何度も繰りかえしてやっと分かる事だってあります。


そうやって分かる事こそがトレーダーとしての成長であり、

技術の向上につながるものなんですね。

トレードのやりっ放しだけじゃこの境地にはたどり着けません。

簡単な道のりではありませんが、「トレードはビジネス」と考えられるのなら、

絶対にやって損はないと思います。
(実際のところ、トレードの見直しと検証にリスクはありませんし)


更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


7月5日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日のポン円は上げて下げて・・・でしたね。

14時過ぎから22時頃までは基本的には上昇、

でも22時以降はかなりグチャグチャとしながら下げる・・・という流れ。

重要指標だったはずのADP雇用統計、新規失業保険申請件数、

ISM非製造業景況指数、FOMC議事録ではほとんど動かず、

それ以外のところで動くという何とも妙な相場でした。


ポン円の日足チャートを見ると、昨日は6月後半からのレンジを上抜けたけど、

ブレイクにはならずに戻ってきた・・・となりますね。

最近のレンジを明確に抜けるには、やっぱりドル円の強い動きが必要だと

思うんですけど、ドル円はドル円でレンジだしねぇ・・・。

今日の雇用統計何とかなるかな?あまり期待はできないっすね。


ポンド円

201807050.png

1回目:8.0pips
2回目:-2.6pips
3回目:15.5pips


14時過ぎから勢いよく上げてきたので、目線は当然上。

序盤は狙えそうなところで積極的に入っていきました。

17時から19時前までは面白くな動きが続きましたが、

それ以降はまた上昇の勢いが復活。

ただ、チャートの乱れと指標が気になって慎重モードになっていたので、

後半戦は1回のトレードだけでした。

まぁそれでも悪くないトレードが出来たんじゃないかと思います。


で、今日は雇用統計ですね。

冒頭でも書いたとおり、最近の為替相場全体からにじみ出る停滞感を

払拭するだけのパワーが無さそうだなぁと感じています。

今後動きそうなネタとしてはアメリカの関税。

今日から中国の知的財産侵害に対する制裁関税が始まって、

更に中国からの報復関税も出てくるだろう・・・との話ですが、

ちょっと興味深い記事を見つけました。

貿易戦争は終幕へ。この秋、トランプの巨大インフラ投資が世界同時株高を引き起こす

トランプの保護貿易主義的な過激発言は、中間選挙向けのお芝居である可能性が高いです。

トランプは「志はない人」です。そして、この「志が低い」ということは、決して悪いことではないのです。



たしかに、トランプ大統領って過激なことを言っていますが、

大げさなパフォーマンスであることが多いですよね。支持者を喜ばせるための・・・。

言うこともコロコロ変わりますし。

過去の北朝鮮とのやりとりを見ても、記事に書いてあるように、

既に落としどころは決まっているのかもしれませんね。

もしかすると、僕たちはトランプさんの壮大なプロレスを見せられているのかも・・・。


更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴11年、専業になって5年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

無料レポート集


FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

2017年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

獲得pips(ポン円+ユロドル)

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips
6月:411.3pips
7月:381.3pips
8月:364.3pips
9月:621.4pips
10月:472.1pips
11月:384.2pips
12月:163.4pips

2018年
1月:461.2pips
2月:441.5pips
3月:324.9pips
4月:354.7pips
5月:477.6pips