エントリーポイントの本質

どうもノッティーです!

24時間テレビも終わりまして、夏の終わりを感じているところです。

僕はあの番組大っ嫌いなんですよ。

お涙頂戴だらけの感動ポルノって本当に気持ち悪い。

ホントね、「現代の見世物小屋」ですよ、アレは。

絶対に見ない様にしてるんですけど、チャンネルを変えた時に

ちょっとだけ視界に入ってしまうだけで「ゲンナリ」してしまいます。


そんな話はどうでもいいとして、8月も今週で終わり、金曜日からは9月に入りますね。

しかも9月1日から雇用統計・・・と何とも忙しそうなスケジュール。

相場の方も徐々に流動性が戻って良い動きを見せてくれたらいいんですけどねぇ。


さて、相場の方ですがポン円もユロドルも上窓スタートですね。

先週末はどちらともいい感じで上げて終了しました。

今週はこのまま上げてほしいところではあるんですけども、

何だかグチャグチャしそうな気もするんですよね、特にポン円。

まぁ焦らず、早まらずでやっていきたいと思います。


エントリーの本質



「安値で買って、高値で売る。高値で売って安値で買い戻す。」

よく言われる必勝法ですけども、改めて考えると、本質を得ているなぁと感じます。

ただ、「安値、高値」なんて事前には知り得ることは不可能ですし、

何を持って高値安値というのかもあいまいなので、

ちょっとトレード経験がある人からすれば「そんなの夢物語よ・・・」

と思うかもしれませんが、そのような売買を心がけることは可能です。


「安値で買う、高値で売る」具体的な方法としては、

サポートまで押してきたところからロングを仕掛け、

逆にレジスタンスまで戻したところからショートを仕掛ける方法があります。


一番オーソドックスなのがラインを引いてサポレジを見つける方法。

他にもフィボナッチを使ったり、一目均衡表を使ったりと使う分析手段は多いですが、

目的はレートが反発していくポイントを見つけていくことにあります。


僕はこの分析にGMMAを主に使っています。

使っている理由は自分に合っているからです。

トレード中に自分でラインを引いて解釈していくのが苦手な僕としては、

相場の向きが一目で分かって、更にはサポレジの見当のつきやすい

GMMAは本当に便利だと思います。


まぁそれはいいとして(笑)、分析方法は多々あれども、自分の使う時間軸において

「レートが止まりやすいところ、反発しやすいところで仕掛けていく」

というやり方はエントリーの基本であり本質を突いたものだと思います。


このやり方なら損切りのポイントも見つけやすいですし、

損小利大のトレードもしやすいですから・・・。

加えて大きな流れまで見えていたら、仕掛ける方向も明確になります。


逆に言えば、何となくチャートを見て行き当たりばったりでエントリーするのは

無謀すぎることになります。

僕もトレード中に「今は上昇トレンド中だけど、ここから下げそうだな

と思うことはよくありますけど、そんなところでは絶対にエントリーしません。

ろくに検証もしていない、単に「いけそう!」と思ったところで入って、

そのトレードでは勝てたとしても、トータルで見ればきっと大損になるからです。



どんなやり方にしても、反発しやすいレートを見つけるためには、

事前にチャートを見て色々と考えておく必要がありますし、

そのレートまで引きつけるために待たないといけませんから、

行き当たりばったりのトレード」なんてありえないんですね。


まぁこんな感じで自分なりのトレンドやサポレジの見極め方を身に着けて、

そこからの反発を狙うことに特化して腕を磨いていけば、

少なくとも負け続けることは無くなるんじゃないかなと思います。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


もっと簡単に低リスクで勝てる方法ないかな?

どうもノッティーです!

先週金曜日にポンドがドカッと下げて、今はもう142円台ですねぇ。

気づけば5月の月足は「陰線」になっていまして、

GW中に上げた分以上に下げてしまっております。

一時は連日上げ続ける相場だったんでけどね・・・。


今日は中国、イギリス、アメリカが休場ということで、

静かな1週間の始まりになりそうですが、木曜日から6月に入り、

金曜日は雇用統計発表がありますので、

月末・月初要因で動きがあるかもしれませんね。

まぁいつも通り頑張っていきたいところです。


もっと簡単に低リスクで勝てる方法ないかな?



負けっぱなしだった状態から少しだけ利益が出始めた頃の話です。

タイトルにもあるように、「もっと簡単に低リスクで勝てる方法はないなかな?」

と考えたことがあります。


ずっと負け続けていた状態から、ほんの少しでもトレードで勝てるようになってくると、

嬉しいと思う反面、ちょっとした不安と言うかストレスも感じます。

勝つことに違和感を感じるんですよね。「え?いいの?」みたいな。


でも、そこから少し勝ちが続くと、徐々に傲慢になって、

今度は「自分はもっと勝てるはずだ」

と思うようになるんですねぇ。ホント、傲慢です。


こうなった時に思うんです。「もっと簡単に安全にストレスフリーで勝ちたい」と。

で、僕の場合、手法を色々とこねくり回して、再度勝てなくなりました・・・。


こんな経験したことある人、結構多いと思うんですよ。

なんというか、自分で自分を勝てなくさせるように動いてしまう状態ですね・・・。


手法をイジリまくって勝てなくなった結果、僕も少し冷静になって、

「勝てるだけでも凄いことじゃないか!」と考えて、元のやり方に戻しました。

それが正解だったようで、徐々に調子もよくなりました。


でも、人によっては自分で勝手に手法を改悪して「この手法はダメだ!
と考えて、

全く違う手法を探す旅に出るケースも結構多いんじゃないかなと思うんですよ。

せっかく利益の出る手法を掴みかけていたのに、自分からそれを手放す形でね・・・。


僕も教材の販売を始めて2年半になるんですが、

昨年あたりから定期的に

「サポートブログのパスワードを失念したので教えてください」

というメールを頂きます。

人によっては正直に「他の手法に浮気していました」と言ってくれる人もいますが、

多分、メールしてきた人のほとんどが一度僕の手法から離れていったのでしょう。


僕もこれまでに色々と経験してきていますし、手法を変えたくなる気持ちもわかります。
(再び教材を学び直したいと思われることにも嬉しく感じますよ。)

でもね、やっぱり大事なのは「一つの手法を極める」ということだと思います。


簡単に勝てる方法なんて無いんです。

手法を知って、検証して、自分にとって合った相場、合わない相場を理解して、

それから実戦と検証を繰り返えすことでしか手法は極められません。

その過程で、手法に対する信頼感が芽生えるおかげで、

ルールもしっかり守れるようになるんだと僕は思っています。


人の欲ってのは深いものですが、自分にとって相性のいいルールを

わざわざダメにしてはいけません。

過去を振り返って、「あの時は調子よかったのになぁ・・・」と思うことがあれば、

その時使っていた手法やルールをもう一度参考にすると、

何か発見があるかもしれませんね。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


1日にどれくらいトレード回数がありますか?

どうもノッティーです!

5月も半分が過ぎてしまいました。

これから段々と暑くなってくるのが嫌ですねぇ・・・。

夏の暑さ+パソコン&モニターの排熱はやっぱりキツイ。

僕は暑いと集中できないので、現時点でエアコン無いとトレードは厳しいですね。

毎年の事ですが、暑さの事を考えると憂鬱になってしまいますよ。


さてさて相場の方ですが、今日は静かなスタートですね。

北朝鮮がまたミサイルを撃っても相変わらず影響なし・・・。

先週のポン円は水曜日までは毎日高値を更新していきましたが、

木曜日と金曜日で下げてしまって、週足だと上ヒゲの目立つ陰線になりました。

今週はまた再上昇するか、もっと押すか明確な動きをしてくれれば

やりやすいんですが、多分、色々と上下して分かりにくい動きをする可能性が

高いかなぁと予測しております。


トレード回数について


1日にトレードチャンスはどれくらいありますか?

という質問をマニュアルに興味を持たれた方からよく頂きます。

このような質問をされる方は、トレード回数が多い方が良いと考える方が

多いようですね。

まず、僕の手法の場合はその日によって違うので何とも言えません。

全然チャンスが無い日もあれば、6回以上エントリーする日もあります。

日によって全然違うので、詳しくはこのブログのチャートを見てください、

としか言えないですね・・・。


確かにトレード回数が多いと色々なメリットがあります。

・1回のチャンスを見逃しても次チャンスがすぐにやってくる。
・忙しい時でも合間を縫ってサクっとエントリー出来る。
・トレードしたい欲求を沢山満たせる。
トレード回数が多い方が利益が出る。

などがのメリットが思い浮かびます。

確かに、期待値も勝率も高いエントリーポイントが分かる手法であれば

そりゃチャンスは多い方が良いですよ。



じゃ、質問です。現実問題としてそんな手法、ありますか?

bul.jpg


期待値も勝率も高くて、更には高頻度のトレード手法・・・。

つまり、どんな相場でも利益をサクサクといとも簡単にもぎ取る手法です。

それがあるとすれば、正に聖杯でしょう。



勝てる人のトレードの考え方は違っていて、

「いかにして無駄なトレードを減らすか?」を大事にしています。


過去の自分のトレード結果から得られた情報等を分析して、

自分には「ココでエントリーするのが向いている」と分かったところだけを

じっと待ってトレードするわけですね。


何でそんなに待つのか?というと、「そうしないと勝てない」ことを

経験として知っているからです。

トレード回数が多い方が利益を出せる、と言うのは

正しいように聞こえるのですが、実は必ずしもそうではないんですよねぇ。


まぁトレード頻度は使う時間軸にもよりますが、

勝てるトレーダーはその時間軸の中で無駄なエントリーは出来る限り

避けていると思います。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴10年、専業になって4年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする
(右クリックして対象を保存をクリックすると保存できます)


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

獲得pips(ポン円+ユロドル)

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips
6月:411.3pips
7月:381.3pips
8月:364.3pips
9月:621.4pips
10月:472.1pips
11月:384.2pips
12月:163.4pips

2017年
1月:461.2pips