トレードの技術って何ですか?

どうもノッティーです!

いやぁ、寒い寒い月曜日ですねぇ。

こんな日は布団の中で1日を過ごしたくなりますよ・・・。

冬は夏が恋しくなり、夏は冬が恋しくなる、そんなモンですよね。

まぁワガママなものです。


さてさて、20日トランプ新大統領になったわけですけども、

今のところはご祝儀ムード…ってわけじゃなさそうですね。

「噂で買って事実で売る」なんてことになるのも面白いかなぁとは思ってます。

今週はどんな動きを見せてくれるんでしょうか?


トレード技術とは?


このブログでは何度も書いているんですが、トレード手法を持っているだけじゃなくて、

トレード技術も無いと勝ち続けるのは厳しい、と僕は思っています。

トレード手法を大まかに言うと「ここで入って、ここで手仕舞う」というもの。

トレード手法はその人のトレードの根幹を成すものですから、非常に大事です。

でもそれだけじゃそう簡単に太刀打ちできません、相場に。


なぜなら相場はトレーダーに対して嫌がらせをする達人だからです。

少し前に勝てるポイントとして学んだようなパターンを持ってきてエントリーを

させてはダマし、利益が伸びないから「中途半端だけど手仕舞うか」とエグジットを

させてから一気にエントリーした方向に伸びたり・・・とホント困ります。


トレードではこんな相場が相手になるわけですから、手法を知っているだけじゃ

話にならないんですね。

だから、検証によって相場と自分の手法の関係性を知ることが大事。

検証を続けていけば、

・どんな相場が理想的な相場なのか?
・逆に苦手な相場はどれなのか?
・この手法で諦めなくてはいけないことは何か?


などがよくわかってくると思います。

こういったことが分かってくると、自分の頭の中で手法と相場に対する柔軟性が

出てきます。例えばこんなことが出来るようになるんですね。

・このポイントは○○だから見送っておこう
・今日はチャートが乱れているから早めに利食おう
・トレンドデイな感じがするから利益を伸ばそう
・今日は勝てる気がしないからもうやめよう


もちろんこれらが必ず成功するわけじゃありません。

いつまでたっても相場にダマされます。

でも、単にルールに従うだけよりは多くの利益を出せるし、

相場に嫌がらせを受けても「まぁ仕方がない、これも沢山あるトレードの中の一つだ」

と納得して次もブレないトレードが出来る。

これこそが「トレードの技術」だと僕は思います。

技術を身に着けるには本気で検証して、本気で実践しないとダメ。

毎回の検証とトレードで何かを学んでやる気概でやるべきです。

トレードで負けても、負けるという経験を出来た、

負けたことによってしか分からない自分のメンタルの変化が学べた、

など得ることは多いと思います。

自分が何かを学ぶ時って、苦しい時の方が多いんですから・・・。

トレードの技術は、こういったことの繰り返しで身につくものだと思います。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


上位時間軸か執行時間軸のどっちが大事なの?

どうもノッティーです!

3連休最終日ですね。

先週金曜日のポン円は朝から恐ろしいほど動いてしまったので、

月曜日の今日はどっちかに窓があいてるんじゃないかな?

と思っていましたが、特に何もなく・・・で始まってますね。


先週で重要指標ラッシュも一息つきましたんで、

今週から本格的に10月の相場になってくるのかなと思っています。

トレーディングの秋となれば良いですねぇ。


今回は、上位時間軸と執行時間軸についてのお話でも。

土曜日にこのようなコメントをもらいました。
一部抜粋します。

上位時間軸がこうだからそれに従うというのも、あまり根拠がないと私も思います。仮に日足が上昇トレンドだとしても、もみ合いや調整期間なら下位時間軸のショートでもとれるわけだし。ロングすれば勝てるところがたくさんあるという認識ぐらいでよいと思いますね。やはり執行時間軸で考えるということが迷いがなくてやりやすいですね。



いつも書いていますが、トレードで絶対的に正しい考え方・手法はありません。

しかし絶対的ではなくても、少なくとも自分にとって正しい手法というものはあって、

それこそが自分にとってストレスが少なめでやりやすく、勝てる手法です。


コメントをくれた方は、「上位時間軸よりも執行時間軸を優先して考える方がいい」

という意見ですが、一般的なマルチタイムフレームの考えとは少し違うようです。

しかし、このブログを長く読まれている方ならご存知のように、僕も全く同じ意見。


大きな時間軸が上昇トレンド中であっても、常に上昇しているわけでもないですし、

上昇しきったら調整や下落もよくあるものですからね。

特に日足レベルでの上昇トレンド中の調整やちょっとした下落であれば、

1分足は十分に狙うことが可能です。


それに多すぎる時間軸をみると、情報が多すぎて混乱したり、

トレードを躊躇する原因になるんですよね。

だから僕はエントリー&エグジットに関しては執行時間軸の1分足メインで考えています。


教科書的な考えとは違いますが、これが僕にとっては正しい考え方・手法のようです。

もちろん最初からこのようにやっていたわけではありません。

大勢の人が言うようなマルチタイムフレーム分析もしましたが、ダメだったんです。


で、ある時に「最低限必要な情報は何か?」を考えて、

余計な情報をシャットアウトして色々とそぎ落としていったら、

5分足で狙う方向を決めて、執行時間軸の1分足でエントリー&エグジットする、

にたどり着きました。


正直ね、一般的に「こうやるべきだ」的なことから離れるのは心配ではありましたけど、

結果的にはこのやり方で長くなってこれているので、僕にとっては正解だったようです。


こういった経験から「トレード手法や考え方に絶対は無い」

という考えに行きつきました。


だから別に他の手法や考え方を否定するつもりはありません。

自分に合ったやり方を探すのは大事なことですからね。


ただ、トレードの常識的なことを妄信的に信じるのは自分の可能性や幅を

狭めることになると思いますので、それは止めておいた方がいいでしょう。


全ての手法やアイディアに「常識的なこと」が通用するとは限りません。

自分で検証して「日足⇒4時間足⇒1時間足⇒5分足⇒1分足」の順番で

チャートをみてトレードするのが一番利益が出せると思えればそれでやればいいのです。


まぁね、チャートソフトの高性能化によって複雑にチャートを分析できるように

なったことが、必ずしもトレーダーにとって有利になっているわけでもないかなぁと

思えたりはしますね。情報を上手に選別する技術が必要ですね。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


検証と実戦は並行した方がいいの?

どうもノッティーです!

雇用統計も終わってようやく本気モードの9月の相場が始動!

ってなればいいなぁと思う月曜日の午前中であります。

まぁ今のところは始動していないみたいですけど・・・・。


日足チャートを見ると、先週もそれなりに動きはあったんですよね。

ポン円も気付ば138円台ですし・・・。

今後はアメリカ大統領選挙やFRBの利上げなどビッグなイベントもあります。

相場の方も活気が出てくるといいですなぁ。


では週末にもらった質問メールの一つをご紹介します。

教材の方を購入しまして、ただ今一生懸命ルールを頭に入れているところです。
今後はリアルトレードと並行しながら検証していく見通しでしたが、教材に書かれているように最初は検証やデモトレードに絞った方がいいのでしょうか?

私はリアルトレードの方が学べることが多いと考えておりまして、時間の使い方に少し悩んでおります。



リアルトレードと並行しながら検証…と言うのは、

リアルトレード中に検証も並行するのか、リアルトレードを始める前に、

もしくはリアルトレードが終わってから時間を割いて検証するのかで

意味合いが違ってきますが、どちらにしても今の手法に慣れていないのなら、

まずは検証のみに専念して手法を頭と腕に叩き込む方がいいと思います。


確かにリアルトレードから学べることは凄く多いのですが、

精神的なプレッシャー等もあって中途半端な手法の理解では頭が混乱して

気づくと手法通りのトレードすら出来てなかったりするんですよね。


ただ手法に対する理解や技術が足らないだけなのに、

メンタルのせいにしたり、手法のせいにしたり・・・。

こんなオチになりやすいです。

中途半端な状態でやると、自分に何が足らないのかも分かりにくいんですよね。

で、お金を無駄に失ってしまう。


だから、まずはメンタル的な変動の無い状態で手法についてしっかり学ぶ事が

一番最初に優先してやるべきことだと僕は思っています。

ココで大事なのはドコで入ってドコで出るかだけではなくて、

その手法にはどんな相場が向いているのか、どんな相場が苦手なのか、

そういったところまでキッチリと頭の中でチャートが出てくるくらい検証する。

MT4やFT2等の練習ソフトで過去のチャートを相手にして

勝てるくらいには腕を上げておく必要はあると思います。


リアルの方はそれがしっかりと出来上がってからですね。

で、リアルに入ってからも自分のトレードの見直しのために

トレードを終えてから少しでもいいので時間を取って検証するのが理想です。
(僕はトレード後は眠くなるので翌日にやっています。)

ここで初めてリアルと検証が並行出来るレベルになるんじゃないかなと思います。


「機会損失の可能性もあるから早くリアルでトレードしたい!」

その気持ちも分からなくもないですが、まずは修行と下積み。

それらをしっかりとやっていれば、必ずリングに立てる日はやってきます。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴9年、専業になって3年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする
(右クリックして対象を保存をクリックすると保存できます)


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

獲得pips

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips