変わるためには犠牲が必要

どうもノッティーです!

雇用統計明けの月曜日、そして3連休最終日ですね。

そんなわけで今日の相場は動きが悪いかもなぁ・・・

と思っています。


さて、先週の相場ですがポンドがかなり下げましたよね。

ポンドルは9月上旬から中盤にかけての上げを全否定する形になってますし、

ポン円も現在は147円台前半で、どちらとも前回高値が遠いです。

まぁ改めてポン円とポンドルの月足チャートを見ると、

まだまだ方向としては下ですからねぇ・・・。

gbpmonth.png
(左がポンド円、右がポンドドル)

大きく上げてくると強めの売りが入る・・・という流れになりやすいのも

分からんでもないですなぁ・・・。


変わるためには犠牲が必要



以前からこのブログをご覧になっている方はご存知かと思いますが、

僕は専業になってからかなり気合を入れて筋トレをしていました。


元々筋トレは好きだったんですけど、

専業になると普通の人よりも体を動かすことが少ないから!

という理由でずっと続けていました。


で、昨年くらいでしょうか、筋トレの頻度が徐々に低下してきたのが・・・。

色々と忙しくなってきたせいか、今年は更に減ってしまいました。


そんな運動不足のおかげで段々と肩凝りが激しくなって、

トレードに支障をきたすこともしばしば。

これは何とかしないとダメだ」と思って、7月上旬から以前のように

筋トレを意識してやるようにしました。


で、久しぶりに強い負荷をかけると、やっぱり辛いんですよ。

以前は普通にやれたことでも「あれ?キツイ!」と思うのがショックだし、

次の日に筋肉痛で体がダルイし、眠いし、時間も取られるし・・・。

ブランクが開いてしまうと、再開するのがホントきついです。


まぁそれでも「自分のため」と思って今も継続出来ているんですが、

面白いことに肩凝りが本当に緩和されました。

たるんでた体も結構引き締まってきました。

やっぱり継続って大事ですよね。


今回の筋トレ再開で感じた事があります。

それは、変わるためには何らかの犠牲が必要だということ。

時間、肉体的・精神的な苦しみ、金銭・・・。

簡単に言うと、辛い思いをしないと変われないわけですね。


トレードも同じで、勝てるようになるために真剣に努力するためには、

何かを犠牲にしなくてはいけません。

少なくともトレードを「楽しむ」ことを犠牲にして、

自分のトレード方法を見直したり、反省したりして時間を使って、

頭を悩ませる必要があります。


本気でやるのであれば、やって当然なんですけど、

分かっていてもそれが出来なかったり、継続が難しかったり・・・。

そんな気持ちも分からなくもありません。


でも、自分が求める状態になるには、やはり犠牲が必要なんです。

苦しみたくないから楽な方に手を出すのは、

遠回り、いや、グルグルと同じところを回っているだけです。


本気で変わりたいと思うのなら、そうするための意識と覚悟が必要なんですね。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


良いことは長く続かないし、悪いことも長くは続かない

どうもノッティーです!

先週のポン円は上げに上げました。

週足を見てみたら当然のことながら今年最大の大陽線。

もう「トレンドデイ」ならぬ「トレンドウィーク」と言っても過言じゃない

一週間でした。


で、今日もまた朝から上げてきてはいるんですけども、

今週はまた高値を更新することはあっても、ちょいと揉み合うんじゃないかな?

と思っています。

あれだけ上げた後なので利益確定等もあるでしょうし、

今の150円台のレートは、昨年のブレグジットショック前にゴチャゴチャした

ゾーンですから・・・。

ブレグジットショックでガッツリ下げましたが、1年以上かけてようやく

元のレート付近まで戻してきました。

やっぱこの辺は意識されそうな感じではありますな。


まぁ僕個人としても「そんなの関係ぇねぇ!」って勢いで

上げてくれるのが一番ですけどね。



良いことは長く続かないし、悪いことも長くは続かない


先週の動きは僕にとってはかなり都合の良い相場でした。

その理由としては、

・一方向くに動くのでトレンドの判別がしやすかった
・ずっと上げ続けたのでロングしていれば勝ちやすかった
・それまで低かったボラが上がってきた


この3つかなと思います。

このおかげでかなり強気でロングしていけました。

でも、こんなに都合の良い相場なんて本当に珍しいです。
(低ボラが続く今年においては初かも)

長くは続くものではありません。言わばラッキーチャンス。

またいずれはいつものような相場に戻ることになるでしょう。


相場はサイクルで動いています。

上げやすい時、下げやすい時、レンジの時、そして高ボラの時、低ボラの時・・・。

先週みたいな相場は、タマタマ条件が重なって良い動きをしてくれました。

だから、「都合のいい相場がいつまでも続く」と考えるのは大間違い。

良い相場があれば必ず嫌な相場もやってくる、その逆もまた然り。

長くトレードをやっていると、本当にこのことを実感させられます。


だから、調子のいいトレードが続いても決して調子に乗ってはいけない、

調子の悪いトレードが続いても必要以上に陰気にならない。

トレードをやるうえで大事なことだと思います。


僕も先週は久々の上げ相場のおかげで結構熱くなったんですが、

土日でクールダウンさせました。

自分が勝手に熱くなって「ガンガン行こうぜ」の気分になっている中、

相場の方は急に「凪」な動きになったらボコボコにやられますからね。

気分の切り替え、考えのリセットも必要ですね。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


勝てたからさっきのトレードは正しかったという考え

どうもノッティーです!

7月も終盤に差し掛かってきましたね。

先週の相場はユーロの上昇とドルの下落が目立ちましたね。

今日は特に目立った窓もなく、落ち着いた週明けって感じです。

そろそろ夏休みシーズンに入ってくるので、

相場動きが悪くなってくる可能性もありますね。

まぁこの時期は無理をしないのが一番です。


「勝てたからさっきのトレードは正しかった」という考え



トレードは利益を出すためにやるものなんですけども、

勝ちトレードの全部が正しいトレード」というわけではありませんよね。

ポジポジ病発症中にテキトーにエントリーしたポイントが、

指標時間と重なってたまたま爆益になった・・・なんてケースは、

結果としては勝ちトレードだけど、「これこそが正しいトレードだ!」

と思う人は少ないはずです。

この例は、ギャンブル的なトレードを行って、たまたま良い結果が得られただけです。

こんなトレードをずっと続けていたら、きっとトータルでは負けになることでしょう。


極端な例を出しましたが、「勝てたからさっきのトレードは正しかった」と

考えることはよくあることなんですよね。

例えば「うーん、コレはあまりよくないなぁ・・・」

と思いながらもエントリーした結果が、

意外にも伸びてしまって結構な利益になってしまった。

この時もきっと「おぉ、正しいトレードが出来たなぁ」と思いがちです。


勝ちトレード=正しいトレード」という考えがトレーダの頭の中には

少なからずあるとは思うんですが、「負けトレード=正しいトレード

という考え方もしなくてはいけません。


相場にはランダムの要素があります。

100%勝てる手法が無いのはこのためです。

なので、1回1回の個々のトレードにおいて「ココは絶対に勝てるから!」

と言うポイントなんて無いわけですね。(あったらぜひ知りたいけど)

だから正しいポイントでエントリーして損切りになる「正しい負けトレード」も

あって当然です。

つまり、正しいトレードには勝ちも負けもあるわけですね。


ここで言う正しいトレードとは、自分のルールに従ったトレードの事。

ルールから離れた勝ちトレードは「誤った勝ちトレード」になります。


個々の勝ち負けが気になるのは仕方がないとは思うんですが、

ある程度トレードをこなした後の結果を重要視するが本当のトレーダーです。

自分にとっての「正しいトレード」に優位性があるのなら、

「正しいトレード」を続けていけば、嫌でも利益が出るわけです。

数をこなして利益が出るのと、1回の勝ちトレードで利益が出るのとでは

全く意味が違います。

この意味が本当にわかった時に、「負けトレードも正しい」と受け入れられるように

なるんじゃないかなと思いますね。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴10年、専業になって4年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする
(右クリックして対象を保存をクリックすると保存できます)


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

獲得pips(ポン円+ユロドル)

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips
6月:411.3pips
7月:381.3pips
8月:364.3pips
9月:621.4pips
10月:472.1pips
11月:384.2pips
12月:163.4pips

2017年
1月:461.2pips