検証、デモ、リアル間のギャップについて その1

どうもノッティーです!

もう6月も終わりですねぇ。

先週の相場は、ビッグイベントも終わってひと段落・・・

といった感じでちょいとレンジ感のある動きでした。

今週は月末になりますし、指標もそれなりにあるので、

何らかの動きがあればいいですね。

ポン円について言えば、140円~142円のレンジをどちらかに抜けて頂ければ・・・・

と思っているところです。


検証、デモ、リアル間のギャップについて



検証では勝てるのに、デモやリアルでは思うように勝てない。

デモでは勝てるのに、リアルでは勝てない。



こんな相談をよく頂きます。

手法を学んで、一生懸命検証を続ければ、MT4やFT2、FT3等のソフトで

過去のチャートを動かした検証トレードで勝つのはそう難しくありません。

多分、本気で取り組んでいる人であれば、

この時点でつまづく人は少ないんじゃないかと思います。


検証の時点で求められるのはトレード手法のエッジ。

加えて自分の裁量力。


この2つが要件を満たせば、検証トレードならトータルでプラスになるはずです。

逆に言えば、検証トレードで勝てないのは手法を理解できていなかったり、

単に手法に優位性が無いから…ということになります。



検証トレードで満足したら次はデモトレードに移るわけですが、

検証トレードとデモトレードにはギャップがあります。

それは、チャートがリアルタイムで動くことのストレスと、

デモとは言えどより現実感のある損益です。



検証ソフトでは、自分の好きな速度でチャートを動かせます。

自分の手法の範囲外のところだったらサーっと飛ばせばいいですし、

逆に自分のエントリーが近くなれば速度を緩めて、もしくは一時停止して

じっくりと状況を確認して入ることが出来ます。


しかし、デモでは時間的な調節ができませんから、

自分の手法外の動きの時は待たなければいけません。

慣れないうちは、これが結構ストレスになってしまいますね。

しかも、検証トレードとは違って、デモでは1日にトレードできる回数が

限られていますからどうしても「物足らない」感じになるかもしれません。


更に検証トレードとデモの「違い」を感じさせるのがエントリーとエグジット。

検証トレードでは何気なしにそしてルール通りにトレード出来ていたのに、

デモではエントリーする直前の微妙な動きに翻弄されたり、

思い切ってエントリーできなかったりします。


で、ポジションを持ったら持ったで、「このポジション本当に大丈夫かな?

と思って検証時には気にも留めなかったところが気になったり、

ルール的には必要のない他の時間軸を見たり・・・。


デモだとポジションを持っている「時間」もリアルになりますから、

余計な事を考えちゃってチキン利食いになったり、

損切り出来なかったり・・・となってしまうんですねぇ。



以上をまとめると、検証トレードとデモトレードで感じるギャップはこうなります。


・チャートの動く速度に調節が出来ないので時間をかけてリアルに「待つ」必要がある

・デモでは1日のトレード回数が限られているので物足りなさを感じる

・エントリー直前のちょっとした動きに翻弄されて戸惑う。

・ポジションを持っている時に色々な事を考えてエグジットに影響する



まぁこれだけギャップがあったとしても、検証トレードもデモトレードも

お金がかかっていないので、そこまで大きなストレスにはなりませんし、

検証トレードで普通に勝てる人がデモをそれなりに続けていれば、

コツもつかめてきて勝てるようになると僕は思います。


まぁここまでは良いんですよ。

問題はデモとリアルトレード間のギャップですね。

続きは来週ということで。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


検証とは、自分自身への洗脳である

どうもノッティーです!

波乱のイギリス総選挙からの週明けです。

日曜日にメイ首相の最側近の二人が辞任を表明したこともあって、

ポンドに何か動きはないかなぁと思っていたんですけど、

今のところはまぁ普通に推移していますね。


フランスの下院選もマクロン大統領の党が圧勝ということで、

ユロドルの方はちょいと上げています。


ようやくヨーロッパの重大イベントが終わってほっとしているところですが、

今週は水曜日にFOMC。

畳み掛けるようにイベントが続きますなぁ。

今週のポン円はどう動くんでしょうかねぇ・・・。

まぁ相場の動きはわかりませんが、自分自身はコントロールできる。

そう考えてルールに従いながらも、ルールの範囲内で臨機応変に

トレードしていければと考えております。


検証とは、自分自身への洗脳である



今日は一貫性のお話でも。

トレードで勝つために求められることは色々とあると思うんですが、

やっぱ一貫性は外せないでしょう。


諸説ありますが、相場はランダムな要因があることは否定できません。

そんな中で、一貫性の無いエントリーとエグジットを仕掛けることを続ければ、

良くてスプレッド分の損失、普通ならプロスペクト理論の分だけ損失を出します。


じゃ、どうやって勝つか?というと自分の知っている「優位性」のある

ポイントだけで仕掛けていく「一貫性」が必要になるのです。


まぁこんなことはトレードを少し学んだ人なら誰でも知っているでしょう。

でも、一貫性のトレードが出来ている人は実は少数派。

その理由は、一貫性のあるトレードをを続けるのは「しんどい」から。


「優位性のあるポイントで仕掛ける」と言っても、どうしてもランダムの

影響を受けて負けが続いたり、、思い通りに行かないことが続くと

「このやり方で本当に良いの?」と思ってストレスが溜まるんですよね。


そんな時にピコピコ動く相場を見ていると、なんだかチャートが

「エントリーしろよ!今はロングしたら勝てるぞ!」と言っているように見えて

ポジポジ病が発症していく・・・。そして自滅・・・。

まぁこんな流れはよくあるもんです。



僕が思うに、こんな状態は「まだまだ検証が足らない」です。

検証は、自分の手法を頭に入れるだけではなくて、

自分でしっかりと使いこなせるようになるため、

更には「このやり方以外でトレードするのは怖い、ありえない!」と思えるように

するためのものです。

この記事のタイトル通り、検証はある意味洗脳なんです。

自分の信じる手法から離れないようにするためのね。


僕はGMMAを使ってトレードしています。

使っている理由は色々とあるんですが、やっぱりトレンドが一目で分かるチャートは、

トレードしていてもわかりやすいですし、

検証によって自分自身を洗脳しやすいんじゃないかなと思っています。


「洗脳」と書くと、なんだか怪しかったり宗教じみた感じがしますが、

自分の中で完結すれば何の問題もないんです。

続けていけば、それが「トレードの信条」になるだけですから。

信条が確立できたトレーダーはブレにくいから更に強くなるんですねぇ。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


トレーダーは相場に選別されている?

どうもノッティーです!

イギリスのロンドンでまたテロが発生しましたね。

またイスラム過激派関連とのことで、「またかよ・・・・」って感じです。

他の宗教を否定するわけじゃないですが、こんなことばかりだと

「イスラム教」のイメージは決して良いモノにはなりませんよね。

やっているのは「過激派」であって、普通のイスラム教徒は

善良な人たちだと思いたいんですけどねぇ・・・。


そんなわけで相場の方はポン円もポンドルも少し下窓が開きました。

まぁ思っていたよりは窓は開いていない感じですね。


今週は8日に総選挙がありますが、今回のテロでメイ首相の保守党も

大打撃を受けているようです。

少し前のニュースでも「保守党が過半数を取れないかも・・・」という

報道がありましたが、更にヤバイかもしれないですね。


4月の18日にメイ首相が総選挙をやると発表して一気に上げたポンド。

選挙結果でどう動くんでしょうか・・・・。


トレーダーは相場に選別されている?



僕の考えるFXで勝つためのステップ本当にシンプル!

以下の2ステップだけでOKなんです!

1.自分に合った手法を見つける
2.検証・実践を繰り返し場数を踏み、手法を使いこなせるようになる



・・・まぁ、文章にすれば簡単に見えるわけですが、やっぱ大変ですよね。

そもそも「自分に合った手法って何?」って話ですから。


この2つのステップを踏むために、まずは自分に合った手法を知る必要があります。

とりあえず色々な時間軸や狙い方でトレードしていきますが、殆ど上手くいかないでしょう。

失敗を繰り返して、絶望を何度も味わうことになるでしょう。

この絶望、ホント辛いもので、何となくFXを始めた人の多くが

自分に合った手法を知る前に引退していくと思います。


また、自分に合った手法が分かったとしても、

ほんの少し調子が悪くなると「他にも良い手法あるんじゃないの?」と思って

ついつい他の手法に手を出してばかりで、一向に一つのチャートの見方や

一つの手法が見につかない人も多いですね。


こんな感じで、FXで勝つためのステップはシンプルではあるものの、

その過程では「FXはもうやりたくない!」と思えるほどの大きな絶望、

様々な誘惑を乗り越えて自分の信じる道を進むこと、

更にはなかなか前が見えない暗闇の中でも自分の道を進み続けること、

こういったことが辛くて、ほとんどの人が辞めていきます。



こういった事実から、僕たちトレーダーは相場に選別されているのかも

知れないなぁと最近思うんですよ。

楽して沢山儲けたいと思う人、その考えを捨てきれない人は

早い段階でトレーダーを辞めていきますが、

相場の魅力に取りつかれた人、相場と自分自身を追求したいと思う人、

本気でトレードに勝ちたいと思って努力をし続ける人、

こんな人たちは、少なくとも相場に選ばれているんですよ、きっと。


相場では8割が負けていると言われていますが、

勝つための2つのステップを真面目に踏んできた人の何割が勝っているんでしょうか?

まぁ厳密にはわかりませんが、僕個人としては5割以上は勝っていて、

残りの半分も「大負けはしていない」という人が大多数じゃないかと思っています。


2つのステップは言うのは簡単、でも実行は難しいです。

でも、これを継続出来た人だけが長く相場と付き合えて、

更には報酬までもらえるんじゃないかなと思うんですよ。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴10年、専業になって4年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。無料です。
⇒ダウンロードする
(右クリックして対象を保存をクリックすると保存できます)


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

獲得pips

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips
6月:411.3pips
7月:381.3pips