休むも相場は正しい!

どうもノッティーです!

昨日はポン円が上げましたねぇ。

ドル円が反発上昇、ポンドルは続伸という流れで円安が加速して

現在は150円台に乗っかっています。

まぁ昨日はトレードを休んだ僕としては少々残念ではありますけどね・・・。

それにしても先週、今週と月曜日はよく動きますね。

特に今週は金曜日がイースターで日本と中国以外の国が休場になるので、

今日明日と動くかも知れないですね。

僕も今日から頑張りたいと思います。


休むも相場は正しい!



用事があったり休暇とかで相場から離れる度に思うことがあります。

それは、「休むも相場は大事だな」ということです。

一般的に「休むも相場」は相場の動きが悪いときはトレードしなくても良いよ!

という意味で使われます。

これは確かにそうなんですが、これとは違う意味で、

相場が動いていようと動いてなかろうと関係なく、相場から少し距離を取って、

相場のことを忘れて過ごすことは、トレーダーとして生きる上で欠かせないこと

だと感じます。


やっぱり相場から少し距離を置くと、それまで蓄積したトレードのストレスだったり、

勝手にがんじがらめになってしまっていた考えとかが解消されます。

僕個人としては「勝手にがんじがらめになってしまっていた考え」ってのがくせ者だと

思うんですよ。

毎日トレードしているとい無意識に頭に根付いてしまう

「トレードはこうでなくてはいけない」
「この手法はこうでなくてはいけない」


といった感じの思い込みのようなものです。

これはなかなか気づかないんですが、悪影響をもたらすんですよね。


でもすこし相場から離れると、こういった思い込みから解放されるので、

また新たな考えを取り入れる余裕が生まれますし、

自分の中から閃きが出てきやすいんですよね。

こういったことが、相場を少し休むことのメリットだと思います。


ただ、僕のようなスキャルパーだったり、デイトレーダーのように

毎日チャートをじっと見て取引している人はそうだと思うんですけど、

数日でも相場から離れるのって嫌というか、離れられないですよね。


「もし今日がビッグチャンスの日だったら・・・」
「昨日は負けたから今日は取り返したい」


なんて思ったらトレードしたくてなっちゃいますから。

そういったことが続くと毎日トレードする事が習慣化してしまって

トレードを長期間休みにくくなります。

また、トレードを休むとブランクが出来るし、戻ってきたときにはウラシマ状態に

なることを考えると、やっぱり休むことが億劫に感じます。


でも、長期的に考えたら少し休暇を取ることもメリットのあることだと思います。

それまでピッタリとくっついていた相場から離れることで分かることも多くあります。


毎日毎日チャートを見て頭の中が混沌としてしまっている人は、

1週間でも良いのでチャートを全く見ないで過ごしてみると、

何か気づくことや分かることがあると思いますよ。


ランキングが暴落しました・・・。
応援のクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

応援方法について
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


複数の手法でトレードしても、必ずしも勝てるわけではない説

どうもノッティーです!

先週は日本の森友学園による政治不信だったり、

アメリカのティラーソン国務長官が解任されたり・・・といろいろありましたが、

為替市場の動きとしてはあまりよろしいものではなかったですね。

週末もコレといったニュースがなかったので、今日は比較的静かなスタートです。


今週のメインといえばやはりFOMC。

現在ではほぼ確実視されている利上げが本当にあるのかないのか?

これが注目されるでしょうね。

一応アメリカは今年に4回の利上げが予測されていますので、

今回「利上げしない」となった場合は、サプライズ的な要因で相場が動きそうです。

そんなわけで今週は月、火と面白みのない相場が続いて、

水曜日からが本番になりそうです。

・・・・・が、僕は水曜日から日曜日まで所用があって外出するので、

注目される動きを見ることが出来ません。

ちょいと残念ですが、相場から離れることも大事なのでまぁ仕方がないですね。


複数の手法でトレードしても、必ずしも勝てるわけではない説



トレード手法には、色々な考え方があります。

狙うポイントについて大きく分ければ、トレンドフォローと逆張りがありますよね。

トレンドフォローにはブレイクアウトを狙ったり、押し目や戻りを狙うものもあるし、

逆張りならトレンド逆張りとレンジ逆張りがあります。


で、これらを狙う具体的なテクニカル分析の手段としては、

ダウ理論、エリオット波動、フィボナッチ、チャートパターン、ローソク足、

サイクル理論、プライスアクション、各種インディケーター・・・と色々あるわけです。


「なら、これら全部を理解したら、どんな相場でも勝てるようになるんじゃね?」

と思ったことがあるのは、かつての僕だけじゃないはず・・・。


レンジ相場なら上限と下限から逆張りして、トレンド相場なら押し目や戻りを狙って、

レンジを抜けてきたらブレイクを狙って、トレンドの勢いが弱まってきたら逆張りして。

コレが出来たら、毎日がスペッシャル!相場をスイスイと泳げるなぁ・・・と。


で、僕なりに色々と頑張りましたが結果は言うまでもなくマイナスでした。

複数のトレード手法だったり理論を使おうとすると、

至る所で矛盾が見えてくるんですよね。

理論間での矛盾、インディケーター間での矛盾、時間軸での矛盾・・・。

これらの情報がパズルのピースのようにカチッ、カチッと埋まって

最後には相場の先が読めるようになるのなら良いんだけど、

実際にはそんなことはほとんどないわけですよ。

もう多くの場合で情報同士がケンカしてます。


そうなってしまうと、使う方も混乱して、最終的には「何やってるか分からない

トレードを繰り返すことになるわけですね。


「どんな相場でも取れるように」と考えて、数多くの手法や理論やインジを並べても、

それが直接的な利益につながるわけではありません。

むしろ判断を遅らせたり、誤らせたりしてマイナスになることもあるわけです。


そうするよりも、自分が狙いやすい特定の動きを見つけて、

そこだけで仕掛ける方が圧倒的に効率が良いです。

この事実に気づける事が、トレーダーとして大切な第一歩だと思います。

僕は自分が狙いやすい特定の動きを見つけるためにGMMAとRCIを使っています。


相場の動き全部を取る必要なんてありませんし、そんなことは出来ません。

まずは自分の狙いたいところを決めること。

そして具体的にどうすれば狙えるかを考えて、検証と実戦をつづけること。

コレがしっかりと継続できれば、「どんな相場でも勝ちたい!」

と思う気持ちは消えているでしょうし、トレード結果も向上しているはずです。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


コインチェックの事件で明るみになった「リスク」

どうもノッティーです!

先週は相場がよく動きましたねぇ。

ポン円は高値を更新しては下げて・・・の流れではありましたけど、

ポンドルやユロドルといったドルストレートは良い勢いで上げ続けました。

昨年と比べると本当に相場に活気が出てきて良い状況だと思います。


今週は月末&月初で、FOMC、トランプ大統領の一般教書演説、

そして金曜日の雇用統計と超重要指標が目白押し。

先週は要人発言で相場がかなり上下しましたので、

もしかしたら今週も過敏に反応する可能性もあるかな?と思っています。

よく動くことを期待しつつも、リスク管理には気をつけてトレードしたいですね。


コインチェック問題について思うこと



連日報道が続いていて、誰もがご存じだとは思いますが、

金曜日にコインチェックから約580億円相当のNEMが不正流出しました。

僕も一応コインチェックには口座開設だけはしていて、

「今日はなんか変なメールが来るなぁ・・・」と思っていたんですけど、

かなりエラいことになってしまいましたね。


金曜日の夜はちょっと夜更かしをしてコインチェックの会見を見ていて、

「社長の横でよくしゃべっている眼鏡の人、どっかで見たことあるなぁ・・・」

check.png


と思っていたら、いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンの筆者でした。

あの本、わかりやすくて勉強になったんですけどねぇ・・・。


一応、コインチェックが顧客の損失分の多くを補填すると発表していますが、

今回の事件で、仮想通貨の弱点が明るみになりましたね。

それがブローカーリスク。


ブロックチェーンを利用する仮想通貨自体のシステムは堅牢で、

なかなか破ることはできません。

でも、仮想通貨を取扱う取引所のセキュリティがガバガバだと、

今回のように海外のハッカーからヒョイと持ち去られてしまうわけです。

仮想通貨は日本が定めた「通貨」ではないため、誰も保証してくれません。

そのため取引所に何かあった場合は、取引所になんとか頑張ってもらうしかない・・・

ということになってしまうんだなぁと勉強になりました。


FXでも急にサーバーがダウンしたり、スイスフランショック級の動きで

レートが表示されずに損切りすら出来ない・・・といったブローカーリスクはあります。

でも、仮想通貨はまだまだ黎明期で、色々とスキが生じやすいために、

FX業者以上に「取引所が想定していないリスク」がありそうな感じですね。

今後もハッカーと取引所のイタチごっこは続きそうです。


10年ほど前は、今よりももっとたくさんのFX業者がありました。

でも、レバレッジ規制、スプレッド競争、業界全体の健全化などで、

不正をしていたり、体力のない業者は淘汰されていきました。
(昔はFX業者でも露骨なストップ狩りとか約定拒否ありましたよね・・・。)

仮想通貨の取引所の流れもFX業者の流れと同じように、

今後はシステム開発や手数料の競争が激化して、DMMやGMOやSBIのような

資金力とそれまでのノウハウのあるところが結局生き残るのかなぁ・・・

という感じはしますね。


そして今回の事件は、加熱しすぎていた日本の仮想通貨ブームについて、

ちょっと冷静に見直す機会にもなったのかなと思います。


仮想通貨は取引量が少なく、ボラティリティも高いのですし、

開発者、取引所、ハッカー、マイナー等の動向、そして国の規制によって

一瞬で価値が変わってしまうリスクもあります。

その辺を考えて、取引をするのなら余剰資金でやるのが一番ですね。


僕はまだリスクが大きすぎると思っているので、手は出しません。


ポチリと応援お願いします!
応援方法について

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴11年、専業になって5年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

無料レポート集


FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

2017年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

   DLmarketで購入

クリックよろしくお願いします!

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

獲得pips(ポン円+ユロドル)

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips
6月:411.3pips
7月:381.3pips
8月:364.3pips
9月:621.4pips
10月:472.1pips
11月:384.2pips
12月:163.4pips

2018年
1月:461.2pips
2月:441.5pips
3月:324.9pips
4月:354.7pips
5月:477.6pips